明けましておめでとうございます。
- 2018/01/04(Thu) -
明けましておめでとうございます。
旧年中は忙しさにかまけてブログの更新もままならず、折角訪問頂いても徒労になってしまったようで本当に申し訳ありませんでした。
今年は何とか頑張って更新して行くつもりですので、どうかよろしくお願いします。

宇治植物園の大きなタペストリー。
今年の干支、柴犬です。
紅白の葉ボタンを中心に沢山の花で柴犬が描かれています。
DSC_3773.jpg

さて、みなさんはお正月どのように過ごされましたか?

わが家は昨年11月に孫が生まれて、日ごとに可愛くなって皆の中心になって来ています。
そんな中、義息に赤ん坊を預けて、我が家の女子だけで地元の神社に初詣に初詣です。

先ず世界遺産でもある「宇治上神社」に。
この時間帯は比較的参拝客も少なかったですが、それでも人は多く人波がと切れた所をパチリ。
DSC_3833.jpg

孫は犬の置物のおみくじを引こうかどうしょうか?悩んだ末に買ったおみくじは「末吉」。
「大吉」が良かったのに・・・と言いますが、「これから運が上昇するからいいのよ」と納得。
DSC_3845.jpg

直ぐ近くにある宇治神社にお詣りし
DSC_3849.jpg

平等院の門前にあるスタバで一休み。
DSC_3854.jpg

孫も疲れた表情。
DSC_3855.jpg

平等院はスルーして、お友達が宮司をされている「県神社(あがたじんじゃ)へ。
DSC_3857.jpg

とりあえず今日の初詣はこれで終了。
今年1年の家内安全、商売繁盛、学業向上をお祈りしました。
家に帰ってお薄を点てて、花びら餅を頂いてのお正月。家族揃ってお祝い出来た事は最高に良いお正月でした。
初釜3

2初釜

いつも訪問頂き有難うございます。
本年もどうかよろしくお願いします。




この記事のURL | 未分類 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
宇治川紅葉 (11月26日撮影)
- 2017/12/09(Sat) -
朝のウオーキングを兼て宇治川をぶら~り歩いて来ました、。
宇治川の紅葉は京都より少し遅れて紅葉します。
いつも観光客で賑やかな宇治の街も、早朝はまだそれ程人出は多くなく、ゆっくりと紅葉を見ながら廻れます。

まず、興聖寺より
宇治川のほとり、興聖寺石門から山門迄の参道は、琴坂の名にふさわしい緩やかな坂道で、
両側にモミジの古木が繁り、紅葉の季節の美しさは格別で、12月上旬にはまるでモミジのトンネルのようになるので、
撮影スポットとしてカメラマンが押しかけます。

石門
DSC_1675a.jpg

DSC_1726.jpg

石門から緩やかな坂道が続きます。ここが琴坂。上の山門から下の石門の方を見ています。
紅葉最盛期には少し早い様ですが、綺麗な色をしています。
DSC_1723a.jpg

禅寺、日曜日には座禅会も行われるそうです。
DSC_1714a.jpg

DSC_1720a.jpg

DSC_1741a.jpg

DSC_1733a.jpg

DSC_1742a.jpg

DSC_1743a.jpg


もう少し光が欲しいと思いましたが、太陽はまだ山の向うです。
光の入る頃は観光客でいっぱいになり、撮影し辛いですので、次回に期待したいです。
この記事のURL | 旅行 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
平等院夜間特別拝観
- 2017/11/30(Thu) -
平等院のライトアップがあるという事で、夜の特別拝観に行って来ました。
昼間見る平等院とは又違って荘厳な雰囲気でした。

三脚持ち込み禁止の為、カメラは手持ち。
夜の撮影は難しいです。


千年変わらぬ姿が浮かび上がる。
平安時代から人々に救いの光を指し示した御堂。
池の中に優美に建ち水際に瑞々しい光が煌めく。
千年前、誰も想像さえしていなかった夜の平等院。
水面に映える光芒は私達を歓びと感動に誘います。
それは自分とあなたを見つける旅
美と自然といのちにひたる至福の一夜。 (拝観チケットより)

阿字池に写り込んだ鳳凰堂、素敵でした。

DSC_3477.jpg


DSC_3494.jpg


DSC_3526.jpg


DSC_3521.jpg


DSC_3505.jpg



DSC_3501.jpg


DSC_3480.jpg


この記事のURL | 旅行 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
写真+温泉三昧
- 2017/11/22(Wed) -
娘から、半年ほど前に、下呂温泉「水明館」のお食事付入浴券をプレゼントしてくれましたが、中々行く機会がなく、チケットの有効期限も迫って来て、どうしようか?と迷って居る内に娘の出産という事に。
折しも丁度連休。孫の栞奈は向こうのばーばさんとこにお泊り中。
主人と「何時行こう」娘の入院中の方が出やすいし、「今でしょう」と、娘の入院中にも関わらず♨三昧して来ました。

コースとしては、秋に一度行って見たかった「モネの池」赤沢自然休養林で森林セラピー、そしてもう30年近くお世話になっている奥飛騨♨の常宿へ。何度入っても♨大好き人間にはたまらなく癒しのひと時でもある。外の気温は-4℃。昔はず~っと展望露天風呂に入って、満点の星空を眺めていたのに、これだけ寒いと 年寄りには無理ですね。

翌日は良いお天気。
窓の外には雪を被った北アルプスの山並みが目に飛び込んでくる。
早く早くと主人を急かして撮影ポイントの北ア遭難救助隊のヘリポートへ。少しガスってきた。
体調を崩していた主人も3年ぶりに4X5のフイルムを出して・・・でも3年のブランクは手際が悪く、絶景の北アの笠ケ岳もガスで隠れ気味。こんな時はデジイチが良いですね。
もう少し粘って撮影をしたかったのだが、午後1時に下呂温泉水明館の予約を入れている為、ゆっくりも出来ず出発。下呂♨到着。お食事の前に♨へ。下呂温泉のお湯は肌に纏わり着くような滑らかなとっても良いお湯です。
お昼の食事は「欧風料理」。お料理の説明して下さったが、ごめんなさい。すべて忘れてしまいましたが、流石、老舗の名旅館、美味しかったです。
帰り道、無線も趣味の主人は、郡上八幡の道の駅で、その近くに住んで居るとの無線交信している人を思い出し、「無線をされてる〇〇さんご存知ですか?}と尋ねると「その方ならそこにいはりますよ」と…
声だけの交信だったハム仲間と思いがけない出会いに、1時間近く話し混んでいました。
こんな風にお会い出来たのも珍しい事。主人もとっても喜んでいました。
嬉しいハプニングもあり、紅葉と雪の北アルプスを愛でながら、温泉も楽しんだ2日間でした。 

 道中の山は晩秋の装い。
DSC_3302.jpg

モネの池
DSC_3162.jpg

赤沢自然休養林では自然鉄道のトロッコに乗って森林セラピー。
DSC_3224.jpg

なべ平から見る北アルプス穂高連峰と槍ヶ岳
 DSC_3390.jpg

錫杖岳(2168m) 屏風の様に切り立った岸壁が特徴。
DSC_3431.jpg

笠ケ岳(2898m) 新穂高ロープウエー頂上から正面に見える均整のとれた美しい山で百名山にも選ばれている。
DSC_3422.jpg

焼岳も上高地から見るのと全然違う山容。噴煙が立ち上るのが良く見える。
DSC_3447.jpg
この記事のURL | 旅行 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
わが家に天使が。
- 2017/11/12(Sun) -
わが家に天使がやって来ました。
11月3日 6時39分、3120gの可愛い可愛い女の子です。
私にとって8人目の天使です。

初対面はナース室からお部屋に連れて来られた天使は、元気な大きな声で泣いていた。
小さな手足をバタバタさせて、全身で泣いているのではなく、私達に語りかけているようだ。
初めまして!! の挨拶? それとも歌っているのかな?
貴女を見つめる家族の幸せな瞬間、愛おしさに満ち溢れています。
これから沢山の出会いと笑顔の溢れる日々が待ってるよ♥
おしゃまなかんなお姉ちゃんが色々構って、お世話してくれると思うけど、喧嘩しながら大きく元気に育って欲しいものです。


3瑞稀


2瑞稀


瑞稀
この記事のURL | 未分類 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ