宇治川紅葉 (11月26日撮影)
- 2017/12/09(Sat) -
朝のウオーキングを兼て宇治川をぶら~り歩いて来ました、。
宇治川の紅葉は京都より少し遅れて紅葉します。
いつも観光客で賑やかな宇治の街も、早朝はまだそれ程人出は多くなく、ゆっくりと紅葉を見ながら廻れます。

まず、興聖寺より
宇治川のほとり、興聖寺石門から山門迄の参道は、琴坂の名にふさわしい緩やかな坂道で、
両側にモミジの古木が繁り、紅葉の季節の美しさは格別で、12月上旬にはまるでモミジのトンネルのようになるので、
撮影スポットとしてカメラマンが押しかけます。

石門
DSC_1675a.jpg

DSC_1726.jpg

石門から緩やかな坂道が続きます。ここが琴坂。上の山門から下の石門の方を見ています。
紅葉最盛期には少し早い様ですが、綺麗な色をしています。
DSC_1723a.jpg

禅寺、日曜日には座禅会も行われるそうです。
DSC_1714a.jpg

DSC_1720a.jpg

DSC_1741a.jpg

DSC_1733a.jpg

DSC_1742a.jpg

DSC_1743a.jpg


もう少し光が欲しいと思いましたが、太陽はまだ山の向うです。
光の入る頃は観光客でいっぱいになり、撮影し辛いですので、次回に期待したいです。
この記事のURL | 旅行 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
平等院夜間特別拝観
- 2017/11/30(Thu) -
平等院のライトアップがあるという事で、夜の特別拝観に行って来ました。
昼間見る平等院とは又違って荘厳な雰囲気でした。

三脚持ち込み禁止の為、カメラは手持ち。
夜の撮影は難しいです。


千年変わらぬ姿が浮かび上がる。
平安時代から人々に救いの光を指し示した御堂。
池の中に優美に建ち水際に瑞々しい光が煌めく。
千年前、誰も想像さえしていなかった夜の平等院。
水面に映える光芒は私達を歓びと感動に誘います。
それは自分とあなたを見つける旅
美と自然といのちにひたる至福の一夜。 (拝観チケットより)

阿字池に写り込んだ鳳凰堂、素敵でした。

DSC_3477.jpg


DSC_3494.jpg


DSC_3526.jpg


DSC_3521.jpg


DSC_3505.jpg



DSC_3501.jpg


DSC_3480.jpg


この記事のURL | 旅行 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
写真+温泉三昧
- 2017/11/22(Wed) -
娘から、半年ほど前に、下呂温泉「水明館」のお食事付入浴券をプレゼントしてくれましたが、中々行く機会がなく、チケットの有効期限も迫って来て、どうしようか?と迷って居る内に娘の出産という事に。
折しも丁度連休。孫の栞奈は向こうのばーばさんとこにお泊り中。
主人と「何時行こう」娘の入院中の方が出やすいし、「今でしょう」と、娘の入院中にも関わらず♨三昧して来ました。

コースとしては、秋に一度行って見たかった「モネの池」赤沢自然休養林で森林セラピー、そしてもう30年近くお世話になっている奥飛騨♨の常宿へ。何度入っても♨大好き人間にはたまらなく癒しのひと時でもある。外の気温は-4℃。昔はず~っと展望露天風呂に入って、満点の星空を眺めていたのに、これだけ寒いと 年寄りには無理ですね。

翌日は良いお天気。
窓の外には雪を被った北アルプスの山並みが目に飛び込んでくる。
早く早くと主人を急かして撮影ポイントの北ア遭難救助隊のヘリポートへ。少しガスってきた。
体調を崩していた主人も3年ぶりに4X5のフイルムを出して・・・でも3年のブランクは手際が悪く、絶景の北アの笠ケ岳もガスで隠れ気味。こんな時はデジイチが良いですね。
もう少し粘って撮影をしたかったのだが、午後1時に下呂温泉水明館の予約を入れている為、ゆっくりも出来ず出発。下呂♨到着。お食事の前に♨へ。下呂温泉のお湯は肌に纏わり着くような滑らかなとっても良いお湯です。
お昼の食事は「欧風料理」。お料理の説明して下さったが、ごめんなさい。すべて忘れてしまいましたが、流石、老舗の名旅館、美味しかったです。
帰り道、無線も趣味の主人は、郡上八幡の道の駅で、その近くに住んで居るとの無線交信している人を思い出し、「無線をされてる〇〇さんご存知ですか?}と尋ねると「その方ならそこにいはりますよ」と…
声だけの交信だったハム仲間と思いがけない出会いに、1時間近く話し混んでいました。
こんな風にお会い出来たのも珍しい事。主人もとっても喜んでいました。
嬉しいハプニングもあり、紅葉と雪の北アルプスを愛でながら、温泉も楽しんだ2日間でした。 

 道中の山は晩秋の装い。
DSC_3302.jpg

モネの池
DSC_3162.jpg

赤沢自然休養林では自然鉄道のトロッコに乗って森林セラピー。
DSC_3224.jpg

なべ平から見る北アルプス穂高連峰と槍ヶ岳
 DSC_3390.jpg

錫杖岳(2168m) 屏風の様に切り立った岸壁が特徴。
DSC_3431.jpg

笠ケ岳(2898m) 新穂高ロープウエー頂上から正面に見える均整のとれた美しい山で百名山にも選ばれている。
DSC_3422.jpg

焼岳も上高地から見るのと全然違う山容。噴煙が立ち上るのが良く見える。
DSC_3447.jpg
この記事のURL | 旅行 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
きもの園遊会
- 2017/10/29(Sun) -
古式砲術演武をみた後1,000人もの綺麗な女子が集まるとの事、
どんな園遊会なのか想像もつかないまま会場方面に。
長浜市内は何とお正月と成人式が一緒に来たような晴れ着姿の女性でいっぱい。

黒壁スクエアーやオルゴール館の周りは特に華やかな振袖姿のお嬢さん方が目に飛び込んでくる。
スナップ写真は余り撮った事が無いので、とりあえず記念写真という事で大目に見て下さいね。
今回本当に綺麗なお嬢様方で良い目の保養をさせて頂きました。


DSC_2930.jpg


DSC_2932.jpg

DSC_2982.jpg

DSC_2987.jpg

DSC_3040.jpg

DSC_3065.jpg

DSC_3069.jpg

DSC_2985.jpg

DSC_3038.jpg

DSC_3012.jpg

DSC_3014 1

DSC_3029.jpg

DSC_2965.jpg

DSC_3062.jpg

DSC_2939.jpg
この記事のURL | 旅行 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
長浜城で古流砲筒演武 (10月14日)
- 2017/10/22(Sun) -
滋賀県長浜市。
その城下町で、1000人のきもの園遊会が開かれると聞き、長浜にやって来ました。
きもの園遊会が始まる前に長浜城に立ち寄ると、丁度鉄砲隊の演武が始まる所でした。

DSC_2747.jpg

先陣を切って披露されたのが、鉄砲伝来の地、種子島からの鉄砲隊、
DSC_2748.jpg

火縄に火をつけて
DSC_2755.jpg

構えて!!  打て~~!! と号令が飛び順番に一人一発づつ撃ったり、一斉射撃が行われました。
すぐ近くで放たれる火縄銃の音にビックリしながら、
DSC_2758.jpg

二番手は堺の鉄砲衆。
DSC_2856.jpg

DSC_2832.jpg

次は井伊の鉄砲隊。「井伊の赤揃い」で颯爽と登場
DSC_2865.jpg

DSC_2875.jpg

筒先から火が出て、迫力ある写真になりました。
DSC_2876.jpg

DSC_2888.jpg

まだほかに国友衆の演武もあったが、メインのきもの園遊会の方へ行く時間で、見ずにお城を後にしました。
古式に乗っ取った鉄砲隊の演武、初めて身近でみる事が出来感動でした。
この記事のURL | 旅行 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ