富士見台高原の霧氷!
- 2010/11/10(Wed) -
娘夫婦との同居に備えて、少しリフオームしたり、引越しの手伝いをしたりと慌しく
日が過ぎてしまい、カメラもブログもすっかりご無沙汰してしまいました。

そんな中、久し振りに南信州の富士見台高原に を持って出かける
朝から素晴らしいお天気。

ICは中央道の長い長いトンネル、恵那山トンネルを抜けるとすぐの園原IC.

紅葉を楽しみにヘブンスそのはらのスキー場のロープウエーに乗り 山頂へ。

ヘブンスそのはら山麓駅付近
          山ろく駅付近の紅葉
5合目付近
          5合目付近の紅葉
7合目付近
       7合目付近の紅葉、今が見頃を迎えてる

ロープウエーからリフトに乗り換えて山頂駅付近迄来ると天候急変
IMGP6029.jpg
百名山でもある恵那山に白いものが・・・?雪
不安になりながら高原バスに揺られて山頂下まで。
ガスがかかりあたり真真っ白で何も見えない
DSCF4996.jpg
あたりは霧で木々は真っ白。樹氷だ冬真っ只中 の様相 。さっむぅ~~

DSCF4999.jpg
IMGP6046.jpg
山頂まで20~30分、膝の悪い私の脚でも充分登れる。
本来なら南アルプスを望む絶景の360度の視界は、風がきつく
10m先でカメラを構えている人の姿もぼんやりしか見えない。とに角寒い
早々に下山して、萬岳荘で暖かいでホッと一息

下山はバスに乗らずに歩いて行く事に。
ダラダラとした登りの道で、「バスに乗ったらよかったのに・・・」と
ぶつぶつと文句を言いながら歩いていくと、突然花が咲いたように
美しい霧氷の風景が目に飛び込んできた。
IMGP6063.jpg
IMGP6078.jpg
IMGP6082.jpg
お天気も快復して来て、青空に霧氷の花がダイアモンドのように キラキラと輝き、
とってもきれい
IMGP6093.jpg
IMGP6114.jpg
南アルプスの山々は、真っ白に雪をかぶり雄大な眺め。
バスに乗っていたら絶対に写せなかった風景  
お蔭で日頃滅多に見られない景色に遭遇。
紅葉と霧氷を楽しみました

帰りは清内路峠の途中にある大みずならの樹を見に行ってきました。
さすが国の天然記念に指定された大ミズナラの樹。
太い幹に立派な枝が四方に伸び、に入りきらない。
IMGP6118.jpg
IMGP6123.jpg
最後はすぐ近くにある、昼神温泉でゆっくり手足を伸ばしてほっこり
秋と冬の景色を見られた1日でした。














スポンサーサイト
この記事のURL | 旅行 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
<<朝つゆに光る | メイン | エクシブ蓼科から車山高原、八島湿原に>>
コメント
-こんにちは♪-
またまた、遠方へのお出掛けですか~

丁度、紅葉が見頃なんですね。
お天気も良くて素晴らしい風景ですね♪
おまけに樹氷まで見れるなんて、うっとりです^^。
歩いての下山、正解でしたね。

またまた、行ってみたい所が増えました。
2010/11/11 12:53  | URL | yas #-[ 編集] |  ▲ top

-こんにちは~。-
<またまた、遠方へのお出掛けですか~
信州は大好きで、多いときは一年に4~5回は行きますね。ここはまだ近い方なので、日帰り出来るから楽です。
紅葉と霧氷1日で二つの季節を味わってきました。
ダイアモンドに輝く霧氷がとっても綺麗でした。
ここはワンちゃんもロープウエーに乗れるから、春は水芭蕉、夏はお花畑、秋の紅葉、冬のスキーと年中たのしめますよ。温泉もあるからゆっくり行って見てください。

2010/11/11 14:02  | URL | ふっくら #9wIXYclI[ 編集] |  ▲ top

-素晴らしい!!-
信州の秋から冬は最高の被写体ですね。
今年の紅葉は遅れるのではと思っていましたが
実に素晴らしい景色を堪能されましたね。
これから京都も観光客で溢れる毎日でしょうね。
私はしばらく日本から脱出して、イタリアの
世界遺産を訪ねてきました。
そのうちブログに上げますのでまた覗いてください。
2010/11/14 14:43  | URL | Shelly80 #Mev58/v2[ 編集] |  ▲ top

-いいな~-
shelly80さん

まさかこんな風景が見られるとは思っても見ませんでした。まさに一期一会素晴らしい風景でしたが、旨く表現出来ないですね。
shelly80さんはイタリアですか?羨ましい限りですね。
ブログ楽しみに待ってます。
2010/11/16 09:40  | URL | ふっくら #9wIXYclI[ 編集] |  ▲ top

--
時々拝見、パワーを戴きに、
そして背景に拝借、南アルプスを
積雪の、丹後から。
2010/12/25 21:07  | URL | 午 やすお #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://shiomisann.blog61.fc2.com/tb.php/64-f0295bd3
| メイン |