会員制ホテル「エクシブ蓼科」に!
- 2010/09/25(Sat) -
会員制のホテル「エクシブ蓼科」をお友達のお蔭で運よく予約出来、2泊3日の旅行が出来る事に。
チョット豪華に、リッチな気分で旅行が出来る。

メンバーは、青春18切符で讃岐までうどんを食べに行った仲良し5人組。

先ず新幹線で京都から名古屋まで。
朝早いので新幹線の中で駅弁でも?と思ったが、さすが朝から駅弁は胃に応えそう!
サンドイッチとコーヒーで朝食をとり、名古屋まではあつという間の時間。

名古屋から特急「ワイドビューしなの」で塩尻まで約2時間。
これから3日間の楽しい旅にみんなウキウキ。話も弾む。
でもJRさん、この列車とっても横揺れがキツイですよ~。

塩尻で篠ノ井線に乗り換えて茅野まで。
普通列車に乗り込んだ途端、若い女の子が爆睡しているのか、とんだ格好で座席に寝ている。
周りの人は誰も注意することも無く知らん顔。
起こして注意してあげようかと思ったが、お水系のお姉さんのようで、声が掛け難く
私達も別の車両に移動。
ちゃんと起こしてあげた方が良かったのかな~?なんて話しながら、茅野駅に到着。

茅野駅では3日間のレンタカーを予約していたので、免許持っているのは私だけ!
簡単に説明を聞き、安全運転でさあ出発。
先ず駅から近い「山下清放浪美術館」へ。
IMGP5295.jpg
素晴らしい作品に思わずカメラを向ける。
だが、館内は撮影禁止の張り紙が・・・。ごめんなさい、1枚撮ってしまいました
IMGP5296.jpg
優れた観察力と記憶力、見る人をハッとさせる色使い、そして黙々と作品を作り上げる
集中力、貼り絵は幾重にも張り合わせることにより、厚みと立体感を出し、遠近法を見事に
用いて見る角度により絵が動くのです。
今まで知的障害を持っている人との認識でしたが、そうではないです。
しっかり計算された画法です。
素晴らしい数々の作品に見入ってしまい時間の経つのも忘れてしまいそうでした。

ビーナスラインに程近い手打ちのお蕎麦屋さんで昼食をとる。
喉越しの良いしっかりした麺は、あっさり系の「おろし蕎麦」がとても美味しい。
100918_1339~01
お腹も満腹!
ビーナスラインを走って、「バラクラ、イングリッシュガーデン」へ。
バラの季節は過ぎていたが、多種多様のダリアの花が見事な英国式の庭園IMGP5298.jpg
IMGP5334.jpg
です。
IMGP5344.jpg
IMGP5343.jpg
IMGP5351.jpg
IMGP5413.jpg
こんなに大きなジャンボかぼちゃも・・・10月には収穫祭も催される。

さ~いよいよエクシブ蓼科に向かってゴー、美味しいが待っている。

エクシブ蓼科は次回にUPします。













スポンサーサイト
この記事のURL | 旅行 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<エクシブ蓼科から車山高原、八島湿原に | メイン | 青春18切符でうどんを食べに高松へ!>>
コメント
-こんにちは-
またまた、仲の良いお友達とお出掛けですか♪
それも会員制のホテルとは羨ましいです^^。
電車で行って現地でレンタカーってのも楽しそうですし。
行動範囲が広がっていいアイディアですね。
エクシブ蓼科も楽しみにしています♪
2010/10/09 12:44  | URL | yas #-[ 編集] |  ▲ top

-楽しまれましたね-
蓼科仲良し五人組で楽しまれた様子なによりです。
この時期の季節はさいこうですね、また今年は紅葉がきれいですし、思ったよりきれいなんだよね、私は乗り鞍行ってけど早すぎました一週間あとできれいとか、しっかし、再度出かけるわけにもね~~
2010/10/11 15:02  | URL | Green #1wIl0x2Y[ 編集] |  ▲ top

-こんにちは-
yasさん 
こんにちは~。チョットご無沙汰しています。
エクシブ蓼科で、羽を伸ばして、みんなでわいわい。
少し色つき始めた木々と爽やかな高原の空気、そこに美味しいお料理と、
至福の時?を過ごしてきました。
2010/10/12 14:08  | URL | ふっくら #9wIXYclI[ 編集] |  ▲ top

-ご無沙汰で~す。-
Greenちゃん
相変わらず元気で、飛び廻っていますか?
蓼科も紅葉には少し早かったですが、高原の空気は爽やか~。
チョット贅沢な旅が出来ました。

乗鞍高原も白樺林が、綺麗だったでしょうね?
これからHPにお邪魔します。
来週は妙高行きですね。綺麗な紅葉楽しみにしています。
2010/10/12 14:15  | URL | ふっくら #9wIXYclI[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://shiomisann.blog61.fc2.com/tb.php/62-77e609c0
| メイン |