但馬の滝めぐりと渓流
- 2009/07/15(Wed) -


















先に投稿した棚田を写してから、いよいよ滝に。

久須部渓谷をさかのぼって、滝見茶屋の横を通りぬけて行くと、赤い太鼓橋があり、
左側に要滝、右側に三段滝がある。

高さはそんなにないが、結構水量が多く滝の飛沫が離れていても飛んでくる。

渓流も苔が付いた石や草がアクセントになってとっても綺麗。

次は吉滝。
この滝は上段28m、下段5mの2段の滝で滝つぼの裏には吉滝神社があり
別名「裏見の滝」と呼ばれている。
滝の裏は広く、飛沫もかからずゆっくり撮影が出来る。
水量は少なく、豪快さはない。

次はお面の滝。

鶴滝、亀滝は省略して、

最後は猿壺の滝。
長靴に履き替えて、沢を少し入った所にある滝で、落差5~6mの滝ですが
二つの滝と周りの緑がとっても綺麗なステキな滝です。

一番気に入った滝です。

1~4枚目  要滝
5枚目    3段の滝
6枚め    名無しの滝
7枚目    滝の近くに咲いていたほととぎす
8枚目    吉滝(裏見の滝)
9枚目    横からの吉滝
10枚目   谷の裏から
11枚目   お面の滝
12枚目   猿壺の滝
13枚目    〃
14枚目   流れの小さな滝?
15枚目   暑中見舞です。

夏は滝がいいですね~。
関西はこの夏一番の暑さだったとか?

暑中見舞を作ってみました。
少しでも涼しく感じてもらえたら、嬉しいです。

滝の傍に居ると、暑さを忘れて思う存分滝と渓谷のマイナスイオンを浴びて、
森林浴も出来、帰りには「夢千代日記」で有名な湯村温泉で入浴!
リフレッシュ出来た1日でした(^0^)/
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<蓮に魅せられて | メイン | 兵庫県 棚田>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://shiomisann.blog61.fc2.com/tb.php/6-db75b12d
| メイン |