焼き物の街「常滑」へ
- 2017/03/07(Tue) -
5日~6日は宇治市鳳凰大学OBの1泊旅行、「知多半島と美濃の国を巡る旅」
名古屋の市内を抜け、知多半島にある常滑市へ。
日本六古窯の一つ「常滑焼」の街や、セントレア中部国際空港を散策し、鵜飼で有名な長良川畔のホテルで1泊。
翌日はかつて難攻不落の城と言われた稲葉山城(岐阜城)の麓にある信長の壮大な館跡(現在発掘作業が行われている)や関ヶ原古戦場めぐりをして歴史に思いを馳せたりしながら往時を偲んで来ました。

先ずは、焼き物の街常滑より
土管や焼酎瓶が積まれた塀。 通称土管坂
DSC_7101.jpg

DSC_7108.jpg

DSC_7102.jpg

DSC_7104.jpg

登り釜の中の様子が展示されている。
DSC_7125.jpg

DSC_7126.jpg

土管坂の途中、無造作に置かれている焼き物の狸。
信楽焼きの狸とは少しデザインが違うようだ。
DSC_7111.jpg

DSC_7119.jpg

登り窯のある風景。
DSC_7115.jpg

DSC_7128.jpg

DSC_7114.jpg

DSC_7109.jpg

DSC_7135.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | 旅行 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<青谷梅林、梅まつり | メイン | 城南宮、枝垂れ梅>>
コメント
-こんばんは-
ごめんなさい。
けんさんは又、飲み会の誘いがあり
出かけてしまいました。
ご訪問だけで失礼します。

常滑! 焼物が有名ですよね^^
陶器や漆器が好きな私、楽しく拝見しました^^
ありがとうございます♪
2017/03/08 22:12  | URL | 土佐けんの助手 #tHX44QXM[ 編集] |  ▲ top

-こんにちは~!-
土佐けんさん、
助手さん、代わりにコメントありがとうございます。
日常使いの陶器でお馴染の街ですが、至る所に焼き物が埋まっていたり、無造作に外に置いてあったりと見て回ると面白いです。

いつも見て頂いてコメント頂いて嬉しいです。
お帰りになられたらよろしくお伝えくださいね。


2017/03/09 13:41  | URL | ふっくら #9wIXYclI[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは。
焼き物の町でなければこのように豪快な壁や道にはならないでしょう。でもすごくインパクトのある町であることは確かですね。
2017/03/09 20:50  | URL | さゆうさん #-[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは^^

大変ご無沙汰してたにも係わらずコメントいただきありがとうございました。
これは凄い!!
焼き物がまるで街中のアートになっていますね♪
掲載されている数々の光景に圧倒されてしまいました^^
2017/03/09 22:12  | URL | なべ #-[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは~!-
さゆうさん、
土管アートは常滑焼だから出来る塀であったり、路地であったりするのだとおもいました。
これが清水焼や有田焼ではこのような事は出来ないでしょうね。
ど~んと積まれた焼酎瓶や土管の塀にはビックリでした。
アートとして素晴らしいです。
2017/03/09 23:10  | URL | ふっくら #9wIXYclI[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは~!-
なべちゃん、こんばんは~!
ホント、お久し振りでしたね。
こちらにも訪問コメントありがとうございます。
流石に焼き物の街だけあって至る所、無造作に置かれている作品の数々にもアートがあります。
ゆっくり見て回ると面白いものが沢山あると思います。
2017/03/09 23:33  | URL | ふっくら #9wIXYclI[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://shiomisann.blog61.fc2.com/tb.php/476-02ec5d24
| メイン |