裏磐梯撮影旅行 NO、5
- 2014/11/04(Tue) -
京都の秋も少しづつ色付いて来て、後1週間程先には綺麗な紅葉が見られる事と思いますが、
秋は忙しいですね?
ブログも中々前に進まず来てくださった方には申し訳なく思っています。ごめんなさい。

今回は磐梯吾妻スカイラインから見る霧と雲海と紅葉、
三拍子揃った自然の織りなす風景をお送りします。

先ず宿の近くの曾原湖の早朝、バックに会津磐梯山がくっきりと見えて、ひんやりとした空気が漂い清々しい湖畔です。
DSC_6943.jpg

白樺林が湖畔に写り込み、まるで油絵でも描いているような水面のゆらぎです。
DSC_6940.jpg

スカイラインから見る山々は、びっしりと雲海が出てこれからの撮影に色を添えてくれそうで期待が出来そう。
DSC_7082.jpg

雲海、まさしく雲の波が押し寄せてくるかの様にみえる。
DSC_7052.jpg

DSC_7296.jpg

DSC_7077.jpg

山々は赤や黄色に彩られて素晴らしい景観。
霧が流れ込んで真っ白になったかと思うとすぐに晴れて又別の表情を見せてくれる。
DSC_7240.jpg

DSC_7246.jpg

初めて案内して頂き何処をっどう走って来たのか・・・?気がつけば「山形県」の標識が・・・
DSC_4253.jpg
浄土平から噴火口迄、整備された階段の登山道を登る。
直径約500mの火口の眺めは圧巻で、火口底までの高低差は約70m。
いくら大雨が降っても水は貯まらないそうです。
DSC_7286.jpg

DSC_7280.jpg

DSC_7091.jpg

この日は一日中何処に行っても雲海が広がっていました。
DSC_7280.jpg

DSC_7164.jpg

DSC_7178.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 旅行 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<裏磐梯撮影旅行、NO,6 | メイン | 裏磐梯撮影旅行 NO,4>>
コメント
-素晴らしい!!-
紅葉と雲海、これ以上のロケーションは
望めないでしょう。
素晴らしい作品になりましたね。
2014/11/04 19:22  | URL | Shelly #Mev58/v2[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは!
素晴らしい雲海と紅葉の景色、有難うございます
2014/11/04 21:37  | URL | 尾張小牧 #-[ 編集] |  ▲ top

-こんにちは♪-
美しい湖畔、そして雲海はすごい。
押し寄せる波のようですね。
紅葉もきれいだし、

磐梯吾妻スカイライン、
行ったことはありませんが、
素晴らしい自然のショーを
見せてくれる所なんですね。(^-^)
2014/11/05 11:24  | URL | ハーモニー #-[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは~。-
shellyさん
遠かったけど行った甲斐がありました。
お天気も良かったけどやはり地元を知り尽くした写友達のお蔭で
最高の撮影ポイントに連れて行って貰えました。(未熟な腕で写真は拙いです)
もう一度行って見たいと思っています。
2014/11/05 22:21  | URL | ふっくら #9wIXYclI[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは~-
尾張小牧さん、
コメントありがとうございます。
裏磐梯はこちらでは見られないような紅葉の色でした。
寒暖の差がこの色を出すのでしょうね。


2014/11/05 22:27  | URL | ふっくら #9wIXYclI[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは-
ハーモニーさん
雲海は一日中びっしりと広がっていました。
こんなに厚い雲海の下のお天気は晴れかな?曇りかな?まさか雨は降って無いよね?なんてへんな事を考えていましたよ(笑)

山紫水明、日本の良い所をぎゅっと凝縮したような素晴らしい所です。
もう一度行きたい場所のひとつになりました。
2014/11/05 22:39  | URL | ふっくら #9wIXYclI[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://shiomisann.blog61.fc2.com/tb.php/289-4e5addde
| メイン |