丹後半島めぐり
- 2014/07/01(Tue) -
久し振りに母の顔を見に行こうと、ちょっと.寄り道になるが、丹後半島を回って故郷へ。

母ももう98歳だと私は思っていた。しかし母は自分は来年100歳だと。
という事は、今は99歳???
考えてみれば数え歳と満年齢の違いかな?
少し耳が遠くなり、足元もおぼつかないが、自分の事はすべて出来て、なお鍬を持って畑もしていて
、出来た野菜を持って帰れと荷作りまでしてくれる母。
時々dayserviceに行っているが、いたって元気な来年100歳になるいう母に乾杯!

丹後縦貫道を通り、先ず天の橋立、西国三十三ケ寺28番札所、「成相寺」。
「天の橋立」は、丹後半島の付け根に位置する所。(これのみ蔵出)
DSCF6367.jpg

先ず伊根の舟屋へと車を走らせる。
DSC_3439.jpg

舟屋は伊根湾の海面すれすれに建築されていて、海に浮いているようにも見え、一階は船のガレージで漁具の手入れをしたり、しゅつ漁の用意をし、2階は住居、民宿等生活の場となっています。
現在250棟余りの舟屋が立ち並んでいるそうです。
DSC_3440.jpg


DSC_3445.jpg

以前、NHKの朝ドラ「ええにょぼ」の舞台になってから、全国的に名前が知られるようになりました。
DSC_3444.jpg

曲がりくねった海岸線を行くと、京丹後市に入ると、丹後松島と呼ばれる美しい景色がみえる。
青い海に浮かぶ岩島に緑の松。 海に囲まれた日本の原風景のようなこの場所は、本家「松島」にも引けをとらない美しさと言われています。
DSC_3461.jpg

日本海の荒波に削られて海中から立ち上がる屏風岩
DSC_3468.jpg

立岩は、間人(たいざ)の浜に立つ全国屈指の大きさを誇る柱状節理の安山岩です。
 DSC_3476.jpg

この岩の砂浜右方向に「聖徳太子と生母、はしうど皇后」の像が立っています。
DSC_3479.jpg

DSC_3482.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 旅行 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<恵心院のアジサイ | メイン | 播州山崎花菖蒲園。>>
コメント
-この近場でお生まれ?-
ふっくらさん おはようございます。(*^_^*)

この近くで生まれましたか?
伊根町、1度行きたいとこなんです。
以前、伊根の直ぐ近くの漁港へ連れて
もらいました。
風情があって、今ならもう少しましな
写真が撮れたかな?なんて思うけど
当時は花ばかり撮ってたので残念!

お母さん98歳!まだお元気とは、貴女が
元気なはずですね。今日もお元気で。
2014/07/05 09:11  | URL | 輝子 #KrhRLJSo[ 編集] |  ▲ top

-丹後はいい所ですよ。-
輝子さん、
久し振りに故郷に行ってきました。
98歳の母もビックリするほど元気で、家の周りの畑の世話をしたり、草引きをしたりと、少しもじっとしていません。
田舎の生活が合っているのでしょうね。

丹後は景色はもとより、温泉や美味しい海の幸の宝庫。
これからはメロンや桃、梨など季節の果物も沢山出回ります。
是非お出かけ下さい。

それから体調の方は大丈夫ですか?
暑くなります。お身体ご自愛くださいね。
2014/07/07 11:18  | URL | ふっくら #9wIXYclI[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://shiomisann.blog61.fc2.com/tb.php/267-499c7d0f
| メイン |