乙訓寺の牡丹
- 2014/05/03(Sat) -
長岡天神のつつじを見て、次は乙訓寺の牡丹です。

長岡天神で見かけた顔の人が私と同じように牡丹を撮りに来られているようで、
境内はカメラマンばかりで随分賑わっています。

花は丁度見頃で、大輪の牡丹の花が傘の下や、葭簀の下で大事に育てられています。

立てば芍薬座れば牡丹・・・と言われ美人の形容詞の様に言われる花、艶やかな色の牡丹が人目を惹きつけます。

DSC_2059.jpg

DSC_2042.jpg

DSC_2049.jpg

DSC_2143.jpg
DSC_2085.jpg

DSC_2070.jpg

DSC_2051.jpg

DSC_2058.jpg

DSC_2135.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | 旅行 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<新緑の光明寺。 | メイン | 長岡天神のキリシマツツジ>>
コメント
--
こんばんは、
ふっくらさん こんばんは、
はじめまして、
おじさんの写真館にお出でくださいまして有難うございました、
私の方も時々訪問させて頂きます
乙訓寺は京都にあるお寺?
ボタンの花の上に和式傘が差されており光を和らげているのでしょうね、
私は初めて見ましたし、こちらですとワラを円錐形にして日除けにしてます
2014/05/06 22:51  | URL | 尾張小牧 #-[ 編集] |  ▲ top

-尾張小牧さん-
ご訪問ありがとうございます。
これからもどうか宜しくbお願いします。

乙訓寺は京都市のお隣の長岡京市にある牡丹で、創立は推古天皇の勅願、聖徳太子創建と随分由緒ある古いお寺です。
牡丹は太陽の暑さに弱いのか、葭簀や和傘で大事に大事に育てられています。
「立てば芍薬座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と美人の代名詞のように言われていますね。
リンクさせて下さいね。
2014/05/07 17:58  | URL | ふっくら #9wIXYclI[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://shiomisann.blog61.fc2.com/tb.php/257-738da5ad
| メイン |