沙羅の花と共に
- 2009/06/21(Sun) -














宇治の恵心院に紫陽花を撮りに・・・・

沙羅双樹の花も咲いていました。

京都では、東林院の沙羅の花が有名ですが、紫陽花の木に囲まれて
楚々とした品の良い花を数輪付けていました。


   祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり                                 沙羅双樹の花の色  盛者必衰の理を表わす


平家物語に出てくる有名な一説ですが、沙羅の花は朝に咲いて、夕方散ると言う
1日花なのです。

姫沙羅の花も、咲いていましたよ。

恵心院は別名花の寺として「知る人は知る」のひっそりとしたお寺です。

境内には、いつも色々な花が咲いています。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ナイター観戦、阪神~横浜戦 | メイン | 6月の花 あじさい>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://shiomisann.blog61.fc2.com/tb.php/11-6e8a6d0d
| メイン |