大阪城梅林 (2月14日撮影)
- 2016/02/26(Fri) -
写友さんと大阪城へ。
珍しく穏やかで暖かな絶好のお花見日和です。

DSC_4880.jpg

DSC_4892.jpg

DSC_4871.jpg

DSC_4867.jpg

DSC_4865.jpg


DSC_4886.jpg

DSC_4882.jpg

DSC_4905.jpg

DSC_4896.jpg

DSC_4910.jpg

DSC_4909.jpg

DSC_4924.jpg

今日から4~5日雪国へ撮影旅行に行って来ます。
ご訪問頂いて拍手やコメントを頂いてもお返事が遅れます事、お許し下さい。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(4) | TB(0) | ▲ top
城南宮、 2月18日撮影
- 2016/02/23(Tue) -
天気予報が明日から下り坂になると。急いで家事をこなして城南宮へ。

城南宮は都の守りと国の安泰を願って、京都の南に創建されてから1200年。
引越・工事・家相の心配を除く「方除(ほうよけ)の大社」として有名です。

DSC_5025.jpg

家庭円満や厄除や安全祈願、また車のお祓いに全国から来られます。
DSC_5024.jpg

DSC_5026.jpg

丁度梅が枝神楽が始まろうとしていました。。(梅の花守り)    
DSC_5041.jpg

梅の花を冠にさした巫女さんが、梅の枝を手に持ち神楽を舞います。
DSC_5044.jpg

神楽鈴でお祓いです。
DSC_5053.jpg

枝垂れ梅は5~6部咲き、青空に丁度見頃の梅の花の香りが心地よい。
DSC_4935.jpg

DSC_4936.jpg

DSC_4937.jpg

DSC_4945.jpg

枝垂れ梅の中、落ち椿が彩りを添える。
DSC_4977.jpg

梅の花が散り始めの頃、「花びらの絨毯」も綺麗で趣があります。
その頃もう一度来てみたいです。
この記事のURL | | CM(6) | TB(0) | ▲ top
能登半島ぐるり1周
- 2016/02/19(Fri) -
富山県高岡市の雨晴海岸で早朝撮影を楽しんだ後、さて何処に行こうか?

DSC_4621.jpg

お天気も最高のドライブ日和。
「じゃあ、輪島の朝市でも・・・」という事で、久しぶりの朝市を楽しんできました。

DSC_4760.jpg

朝、港に揚がった新鮮なお魚、お婆さんが慣れた手つきで手際よく魚をさばいています。
DSC_4761.jpg

私達も干物と佃煮と岩のりをお土産にしました。
DSC_4764.jpg

輪島迄来たのだから、この先の千枚田も寄ってみよう。
ポケットパーク「道の駅千枚田」には広い駐車場もあり、そこが展望台の様になっていて千枚田全体が見下ろせる。
DSC_4768.jpg

此処まで来たら能登半島の最先端まで行きたくなり、海沿いの道を快適に車を走らせる。

DSC_4791.jpg

曽々木海岸は日本海の荒波が打ち寄せる海岸、真冬には波の華を見られる事で知られていますが、
今日は特別暖かな日和の為、波の華は無しです。
青い海と白い波が印象的。
DSC_4771.jpg

窓岩、 一枚岩の真ん中に波と風が長年かけて直径2m程の穴を開け、
窓の様に向こうの景色が見えるのでこの名がついたそうだ。
DSC_4782.jpg
能登揚げ浜式塩田村 
DSC_4772.jpg

NHK朝の連続ドラマ「まれ」で「がんじさん」がここでロケして塩を作ってましたね。
DSC_4787.jpg

能登半島最先端, 聖域の岬にある人気の よしが浦温泉、ランプの宿。
泊まってみたいな~!
DSC_4797.jpg

聖域の岬、日本三大パワースポット フレームストーン
DSC_4794.jpg

見附島(軍艦島)
DSC_4802.jpg

一日でぐる~と廻った能登半島。
走行距離、約1,000km、二人交代でしたが、良く走ったものです。
まだまだ若いと二人で確認した旅でした。
この記事のURL | 旅行 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
雨晴海岸(富山県)
- 2016/02/15(Mon) -
「さあ、そろそろ寝ましょうか?」という時間になって、先に一眠りしていた主人が
「明日は絶好の行楽日和になりそうだし、これから雨晴海岸に行こう」と云いだし、折角眠る体制になっていたのを急遽撮影に行く体制に変更!
これはいつもの我が家の撮影に行く時のスタイルですから、別に苦にならず、慣れた撮影準備です。

真夜中に北陸道を走り目的地の「義経岩」の駐車場で仮眠して・・・この日も駐車場は満車で撮影ポイントには4~50人同じ方向を見てカメラの放列、暗い内からシャッター音、みんな同じ思いなんですね。

そろそろ夜が明けて行きます。
DSC_4621.jpg
立山連峰もくっきりと見えます。
DSC_4658.jpg

立山連峰からの日の出です。
素晴らしい朝の光芒です。
DSC_4683.jpg

DSC_4685.jpg

DSC_4698.jpg

DSC_4711.jpg

DSC_4740.jpg

DSC_4740.jpg

期待していた「気あらし」は少し立ってくれました。
お天気も最高、この景色に魅せられてはるばる通うカメラマンもあるようです。
私の隣で撮っていた金沢の方は今月3回目の挑戦とおっしゃってました。皆さんこだわりもあるようです。
この後、能登半島をぐるり一周の旅に出かけます。
次回もお付き合いくださいね。
この記事のURL | 旅行 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
城南宮の枝垂れ梅、
- 2016/02/09(Tue) -
今年は暖冬で花の便りも例年に比べ早く届いて来ます。
今気になっているのはやはり季節柄「梅たより」それも枝垂れ梅です。

枝垂れ梅と云えば京都伏見の城南宮の枝垂れ梅ですね。
例年2月18日ごろから「梅まつり」が行われますが、今年はやはり1週間早く2月12日から始まります。
それに先立ちちょっと様子を見に行ってきました。

DSC_4611.jpg

朝からの雨もあがり、日差しも出て来ました。
さあ、神苑の枝垂れ梅の開花は・・・?
DSC_4496.jpg

DSC_4477.jpg

チラホラと咲き出していますが、暖かければ、あと4~5日から1週間というところでしょうか。
DSC_4480.jpg

咲き始めの梅を探しながら苑内を行きます。
まだ来苑者も少なく、ほのかな梅の香りを楽しみながら、ゆっくりと見て回れます。
DSC_4500.jpg

DSC_4514.jpg

この時期、ツバキも彩りを添えて
DSC_4474.jpg

落ち椿も風情を添えています。
DSC_4475.jpg

神楽殿の裏には紅白の梅の競演、
DSC_4566.jpg

青空に良く映えてきれいですね~。
DSC_4580.jpg

通りを隔てた室町の庭へ。
DSC_4606.jpg

鳥オンチの私にはサギだというのは分かりますが、名前は???
真っ白の羽根を持っているので白鷺かな?
DSC_4600.jpg

DSC_4605.jpg

2月下旬になれば間違いなく満開の枝垂れ梅を見る事が出来ると思います。
圧巻の景色を楽しみにもう一度こようと思っています。
この記事のURL | | CM(10) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ