写真で振り返る1年(後半)
- 2015/12/30(Wed) -
今年もいよいよ押し迫って残す所後1日となってしまいました。

今年一年本当に沢山の方々に拙いブログを見て頂き、感謝、感謝です。
この歳になり、いつまでカメラを持って元気に飛び回れるのか?と不安な気持ちと、いやいやまだまだ大丈夫だという気持ちが
入り混じって来ています。
自分としては後5年は元気で撮り続け、写真を楽しみたいと思っていますが、どうでしょうかね~!
ボケ防止の為にも一年を振り返り、その時々の事を思い出し、又写真に寄って記憶が甦り、自分の自信にもなっています。
そんなこんなで皆さんに支えられて頑張って行きたいと思いますので、来年もどうかよろしくお付き合い下さいますよう
よろしくお願いします。

今年後半の思い出写真です。
我が家の朝顔
DSC_6375.jpg
お友達の庭の蓮
DSC_6341.jpg

娘達家族も一緒に大所帯のキャンプへ。
DSC_8391.jpg

御嶽山のふもとの赤ソバの中で1輪だけ咲いていたソバの花。
DSC_8597.jpg

裏磐梯へ撮影旅行、
DSC_9329.jpg

DSC_9769.jpg

滋賀県と福井県の県境にある小入谷の雲海
DSC_1836.jpg

DSC_1858.jpg

地元宇治の紅葉は12月半ばになってやっと綺麗な紅葉が見られました。
DSC_3007.jpg

DSC_3008.jpg

世界遺産の宇治上神社や平等院のすぐ近くにある市民憩いの山、大吉山(仏徳山)から見る平等院。
DSC_8870.jpg

黄昏時に宇治市街地に明かりが灯ります。
DSC_8900.jpg

今年最後は先日の雨上がり、朝日に輝く物干し竿の雫がキラキラと輝いていました。
DSC_7547.jpg

DSC_7545.jpg

今年1年、本当にありがとうございました。
来年もどうかよろしくお願いします。

皆さま、良いお歳をお迎えください。
スポンサーサイト
この記事のURL | 旅行 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
写真で振り返る1年(前半)
- 2015/12/28(Mon) -
今年もいろんな所に出かけました。
その都度沢山の思い出も出来ました。
拙いブログですが、ご訪問下さった沢山の皆さんに支えられて続ける事が出来、感謝感謝の1年でした。
ありがとうございます。

1年のまとめとして振り返ってみたいと思います。
おつき合い下さい。

1月2日、今年は珍しく雪が積もり、銀世界が広がりました。
平等院も雪化粧です。
DSC_9117.jpg

DSC_9114.jpg

1月3日も雪が降り、雪の嵐山を見てみたいと急いで出かけました。
DSC_9231.jpg

1月11日より1週間、宇治市生涯学習センターにて、念願の夫婦展を行いました。
DSC_9350.jpg

地方新聞ですが取り上げてもらいました。
DSC_9367.jpg

極寒の木曽駒、千畳敷き
DSC_0116.jpg

娘と孫と一緒にハワイ旅行
DSC_9390.jpg

ハワイにも平等院がありビックリ。
DSC_9493.jpg

日本海の蟹を食べに香住へ家族旅行
DSC_0519.jpg

春は京都市北区にある原谷園にお花見。
DSC_1164.jpg

新潟県、妙高フオトコミッションのメンバーとのオフ会に参加。
星峠の棚田は四季を通じて楽しめる素晴らしい所。
DSC_2586.jpg
佐渡ヶ島の見える海岸で夕日の撮影。
DSC_4564.jpg

初めての舞妓さんの撮影。
DSC_5614.jpg

DSC_5954 e

しまなみ海道の旅では生口島で西の日光と言われる「耕三寺」と「平山郁夫記念館」へ。
DSC_3682.jpg

DSC_3748.jpg

孫と一緒に「京都水族館」へ
DSC_6048.jpg

長々とありがとうございました。


この記事のURL | 未分類 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
天ケ瀬ダム見学(12月14日)
- 2015/12/16(Wed) -
今回は今まで見た事の無い、又写真を撮った事の無いダム工事の現場です。
滅多に見られないダム工事の内部が見られると見学会に参加して来ました。

今日の参加者は22名、国土交通省のネーム入りヘルメットをかぶり、先ず天ケ瀬ダムの歴史と
現在行われている工事の概要の説明を受ける。
天ケ瀬ダムは琵琶湖から流れ出る唯一の宇治川にあるダムで、
今まで琵琶湖周辺や宇治川では度々浸水被害が発生しています。
その為、再開発事業により洪水対策や発電能力の増強、京都府南部、大阪府などへの水道水の確保など
安定した供給が出来るそうです。

DSC_3130.jpg

DSC_3131.jpg

ダムより下流を見る。
DSC_3132.jpg

ダムの周辺には世界遺産の平等院を始め、市民の憩いの場所、塔の島などがある為、
景観や環境への配慮を図り、地下トンネル方式が採られています。

水路トンネルとしては、「日本最大級のトンネル」になるそうです。

トンネル式放流設備は「流入部」「導流部」「ゲート室部」「減勢池部」「吐口部」で構成されているが、
難しい事は良くわからないので、各部所見学して一部ですが写真に収めてきました。

DSC_3136.jpg

生コン車から大きなバケツに生コンが入れられ、クレーンに吊り下げられて現在工事中の40m下のトンネルの中に降ろされ、
又生コン車に積まれて現場へ。
DSC_3137.jpg

DSC_3142.jpg

上から地下40mのトンネルの下を覗きこむとこんな様子で圧倒される。
DSC_3148.jpg

DSC_3155.jpg

「黒部の太陽」を思い興すような工事だが、最新式の技術と高性能、高能力の建設重機で作業は進みます。
DSC_3154.jpg

DSC_3160.jpg

トンネル内に空気を送り込むダクト。
DSC_3161.jpg

DSC_3167.jpg

坑口には安全のシンボルが掲げられている。
DSC_3162.jpg

放水トンネルの抗口が現在の「白虹橋」の位置が重なる為白虹橋の架け替えも必要になり、
新しい白虹橋が下流に架けられる。
吊床版橋として日本で5例目となる橋です。

現在の「白虹橋」
DSC_3171.jpg

DSC_3169.jpg

「白虹橋」感性予想図(来年3月25日完成予定)
DSC_3168.jpg



この記事のURL | 未分類 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
京都駅
- 2015/12/10(Thu) -
京都駅でこんなのやってます。
永観堂のライトアップの帰り、京都駅で綺麗な水のショーを見ました。
光と音楽が連動する「音楽噴水」で京都駅を利用する人々を楽しませる新しい夜のスポッテとして誕生しています。

DSC_7468.jpg

DSC_7466.jpg

DSC_7486.jpg

DSC_7475.jpg

京都駅ビルの大階段
色が変わっていくイルミネーション
DSC_2509.jpg

クリスマスツリーも
DSC_2513.jpg
この記事のURL | 未分類 | CM(11) | TB(0) | ▲ top
夜の永観堂(禅林寺)
- 2015/12/09(Wed) -
「モミジの永観堂」と言われるほど、数ある 京都紅葉名所のなかでも、ひと際紅葉の美しさで知られるお寺です。
高台寺、圓徳院、円山公園と紅葉を堪能して来た一日ですが、締めくくりに永観堂と青蓮院のライトアップの様子を見て頂きましょう。

ライトアップ前のお庭
DSC_2732.jpg

DSC_2734.jpg

ライトアップ開場
DSC_2763.jpg

DSC_2806.jpg

DSC_2787.jpg

DSC_2784.jpg

DSC_2803.jpg

DSC_2799.jpg

DSC_2856.jpg

ここから青蓮院のライトアップです。
DSC_2916.jpg

DSC_2934.jpg

DSC_2941.jpg

DSC_2890.jpg

DSC_2893.jpg

DSC_2906.jpg

DSC_2922.jpg

DSC_2927.jpg

秋の一日、モミジ狩りを堪能しました。

京都の秋、これで一旦終了させて頂きます。
長らくおつき合い頂き有難うございました。
この記事のURL | 旅行 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ