レンゲツツジ咲く八千穂高原から霧ヶ峰 6月8日撮影
- 2015/06/28(Sun) -
八千穂高原にやってきました。
白樺林の中のレンゲツツジが見ごろを迎えています。

DSC_4874.jpg

DSC_4834.jpg

花びらが前日の雨に叩かれて、残念ながら少し色あせて見えますがとっても綺麗です。
DSC_4811.jpg

DSC_4899.jpg

DSC_4950.jpg

花木園では小川のほとりにクリン草も咲いています。
DSC_4920.jpg

DSC_4956.jpg

可愛い花を見つけましたが、名前が分かりません。
DSC_4970.jpg

霧ヶ峰も赤い絨毯を引いたようにに見えました。
DSC_4992.jpg

八島湿原はこれから湿原の花々が咲きそうです。
DSC_5003.jpg

DSC_5022.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | 旅行 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
佐渡ヶ島に沈む夕日
- 2015/06/26(Fri) -
日本海の夕日を撮りに柏崎市の恋人岬にやって来ました。
入り口はここに道があるのか?と思うほどちょっと分かりにくい所でしたが、案内して下さる写友さん達について
、お店とお店の間を入って行きます。

柏崎市、恋人岬 、さすが恋人岬だけあって、年齢問わずのカップルが多いです。
 DSC_4486.jpg

沢山のが鎖に繋がれてます。
みんなお幸せにと祈ります。
DSC_4487.jpg

夕日迄は少し時間があるので、別の夕日のスポットに案内して頂く事に。
随分走っても中々到着せず、太陽は西に傾く中、前の軽自動車のゆっくり走る事。
イライラしても仕方がない。
お蔭で走行中の車の中から、こんなショットも撮れました。
DSC_4530.jpg

この辺りまで来ると佐渡ヶ島の山並みも見えます。
予定の撮影スポットはもう少し先だという事だが、沈む太陽は待ってくれません。
DSC_4527.jpg

DSC_4573.jpg

弥彦と看板が見えたすぐ先の浜で撮影開始。
DSC_4564.jpg

DSC_4550.jpg

DSC_4546.jpg

佐渡ヶ島の山並みに沈む夕日は、アッという間だったが、ロマンに満ちた雄大な落日です。
DSC_4589.jpg


この夕日を撮る為にここに連れて来て頂いた写友の皆さん、本当にありがとうございました。
これから信州に向けて又走ります。








この記事のURL | 旅行 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
新潟、雨の星峠
- 2015/06/21(Sun) -
GWから星峠に来るのは3回目。
気象条件で日の出、雲海、光芒など自然が織りなす風景に目を見晴らす。
来る度に違う風景に出会える素晴らしい所。

何度でも来たい場所だが、京都からはちょっと遠い憧れの場所。
今回は妙高高原でいつものオフ会が行われる事になり、参加しました。
福島、横浜、群馬、名古屋、京都、新潟と総勢20数名集まり地元の隠れた撮影ポイントに連れて行って頂き
楽しい2日間を過ごしてきました。
私達京都組は、.金曜日の21時出発、途中休憩をしながら、オフ会の前に星峠の撮影に行く他府県から来る写友達と
午前2時に松代の道の駅で集合し、揃って星峠へ。
前日からの雨で日の出は多分無理、雲海が出れば儲けものという最悪の条件です。

空がしらみかける頃やっと雨がやみ、棚田が見渡せるようになりましたが、やはり雲海は出ていません。
太陽も雨雲の中、でも雨上がりの朝靄が雰囲気を出してくれました。

DSC_4086.jpg

DSC_4073.jpg

メインで撮っていたカメラの調子が悪く、UPすることが出来ないので、サブカメラの画像で何とかUPしてみました。
同じ様な画像で申し訳ないですが、お付き合い下さい。

DSC_4081.jpg

DSC_4086.jpg

DSC_4088.jpg

この記事のURL | 旅行 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
若狭高浜で従兄弟会  5月27日撮影
- 2015/06/12(Fri) -
すこし前になりますが、今年も従兄弟会があり、若狭高浜町まで行ってきました。
従兄弟会は今回で12回目を迎えています。
最初はまだ皆さん若くてお仕事を持っておられ、3年置きに行っていましたが、
歳と共に、3年では長すぎるから毎年してはどうか・・・と提案があり、今では幹事は持ち回りで毎年行っています。

集合は、福井県高浜町の城山荘。
宿の前は観光名所にもなっている若狭八穴のひとつ、「明鏡洞」で日本海の波の浸食で大きな洞穴が出来ています。
この日は風も無く穏やかな海です。

DSC_3880.jpg

DSC_3886.jpg

DSC_3881.jpg

窓からは若狭富士(青葉山)が良く見えます。(これは大浴場からみた若狭富士)レンズが曇って大変でした(笑)
DSC_3864.jpg

翌日は知り合いのフアームでトマトの栽培の見学をさせて頂き、新鮮なミニトマトを購入。
DSC_3896.jpg

DSC_3899.jpg

作家、水上勉さんの「若州一滴文庫」に立ち寄る。
水上文学にゆかりの深い作家さん達の絵画作品のギャラリーを始め、水上作品に登場する人物の竹人形や
人形の頭などが作品ごとに展示され、興味深い。

文庫庭園
DSC_3906.jpg

六角堂(休憩所)
DSC_3911.jpg

くるま椅子劇場。若州人形座による竹人形文楽が、年2回公演される。
DSC_3919.jpg

元気で又来年も会おうね」とわかれた。







この記事のURL | 旅行 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
生口島、平山美術館
- 2015/06/03(Wed) -
 前回の西の日光耕三寺から歩いてすぐの所に「平山郁夫美術館」があります。
しまなみ海道の生口島が平山郁夫さんの出身地で、平山さんが幼少の頃に書かれた絵やデッサンも展示されていて
まずその天才ぶりにびっくり。
5歳の時の作品が目に飛び込んできて、5歳でこんな素晴らしい絵が描けるんだろうか?もう天才少年画伯だ!!
すごいな~と感嘆しながら中学時代のデッサン等を見ていく。
この頃の作品となると只々感嘆するほかない。
故郷ゆかりの作品の他、シルクロードを描いた有名な作品など年代を追ってみることが出来ます。
ハイビジョンでの映像も見ることも出来ます。
館内は撮影禁止のため残念ながら写真は撮る事が出来なかったが、 機会があればもう一度立ち寄りたい場所です。
美術館のお庭をUPします。

DSC_3737.jpg

DSC_3748.jpg

DSC_3749.jpg

DSC_3744.jpg

DSC_3746.jpg

DSC_3741.jpg

DSC_3742.jpg




この記事のURL | 旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ