5days Art Challengeに参加して。
- 2015/03/30(Mon) -
皆さんはFacebookをされていますか?
されている方はご存じだと思いますが、いまFacebook内で広がっている『5days Art Challenge』。これは、バトンを受けた人が、1日に3作品をアップして、1日につき一人のアーティストを紹介することを5日間続けるというアメリカ発のイベントです。素晴らしい作品がたくさん見られるとともに、人々のつながりの輪も広がっていくという企画です。

私にもFB仲間の方からバトンを渡され、良く分からないまま始めました。
1日3作品は何とかなっても、1日一人、5人のお友達にバトンを渡して行くというのは難しかったです。
始める前は以前流行した「不幸の手紙}?のようなものかと少し心配もしましたが、そうでもない様なので安心しました。
何とか5日間写真をUP出来ました。
ブログから、‪#‎5days‬ art challenge にリンク出来るかと思いましたが、ブログからダイレクトにはリンク出来ませんでした。

私の写真は、殆ど蔵出しの写真ばかりですが、ブログに載せてみたいと思います。

「朝露に光る」
 露に濡れたトンボの羽がキラキラと輝き宝石の様で見つけた時は本当に感動しました。
IMGP6165.jpg

IMGP6257.jpg

IMGP6162.jpg

「極寒の冬山」

DSC_0005.jpg

DSC_0116.jpg

DSC_1468.jpg

DSC_1502a.jpg

「雪の平等院」
DSC_9117.jpg

DSC_9111.jpg

DSC_9144.jpg

今までの海外旅行から印象深かった 「バリ島」
DSC_3294.jpg

DSC_3887.jpg

DSC_3622[1]
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
大阪城梅園
- 2015/03/13(Fri) -
大阪城ホールに小田和正のツアーコンサートがあり行って来ました。
この日は本当に寒い日で強風の上、小雪がちらついたり・・・。

、コンサートの開演までの間、大阪城の梅園で時間潰し。

カメラを持つ手もかじかみ茶屋で飲んだ温かい甘酒の美味しかったこと・・・!

たまたま出くわした鷹匠。
DSC_0350.jpg

良く慣れていて目の前で飛ばしてくれました
DSC_0363.jpg

DSC_0401.jpg

DSC_0458.jpg

DSC_0500.jpg

DSC_0463.jpg

DSC_0430.jpg

DSC_0445.jpg

大阪城ホールと言えば「一万人の第九」でお馴染ですが、小田ちゃんはあの大きな広いステージをエネルギッシュに走りまわってました。歳だからという言葉が何回か出てきてましたが、昔と変わらず若々しい小田ちゃんで、最初から最後までほぼ手拍子で参加して来ました。ステージ上のフアンクラブの人達、アリーナ席の人達みんな立ち上がって勿論スタンド席もノリノリの盛り上がり。素晴らしいステージでした。

DSC_0511.jpg

DSC_0512.jpg
おまけの一枚、 城門の入り口に咲いていた黄色い花、
DSC_0506.jpg
この記事のURL | 旅行 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
枝垂れ梅が見頃です。
- 2015/03/07(Sat) -
つい先日まで寒い寒いと言って居ましたが、一雨ごとに体感温度は確実に上がって来ていますね。
昨日は良いお天気に誘われて、伏見区の「城南宮」の神苑に枝垂れ梅のお花見に行って来ました。

神苑を入ると150本もの紅白の枝垂れ梅が今を盛りと咲き誇って、馥郁とした梅の香りを届けてくれます。

咲き誇る枝垂れ梅に春を感いて頂ければ嬉しいです。

1016.jpg

1019.jpg

1012.jpg

1014.jpg

1000.jpg

982.jpg

972.jpg

993.jpg

998.jpg

1046.jpg

こんなに可愛らしい「ツインズ」もお花見に参加です。
986.jpg

色々な種類の椿の花も見ごろです。
落ち椿も風情がありますね。
1025.jpg

966.jpg


この記事のURL | | CM(6) | TB(0) | ▲ top
北近畿タンゴ鉄道「くろまつ」に乗る
- 2015/03/02(Mon) -
超豪華列車、「ななつぼし」などの設計で知られる水戸岡鋭治氏が手掛けられた京都府北部を走る
北近畿タンゴ鉄道の「海の京都」
走るダイニングルーム「くろまつ」のちょっと贅沢なのランチコースに乗ってきました。
料金を少々奮発しても丹後出身者の自分としては一度は乗ってみたかった列車です。

黒光りした車体の電車は一目で豪華さを表しています。
定員30名の「くろまつ」は、「ランチコース、¥10..000」 の他に丹後の地酒を味わう「地酒コース ¥5.000」「スイーツコース ¥4.000」とそれぞれ特徴のあるコースがあり、大人から子供まで楽しめる列車です。
但し、現地までの交通費は別途必要です。

DSCF4071.jpg

DSCF4069.jpg

DSCF4144.jpg

天橋立に代表される日本海の白砂青松を象徴する「松」をテーマに木をふんだんに使用した車内は落ち着いた空間で、座席数30の1両列車。
海と山の絶景を楽しみ、新鮮な地元の食材を使って一流ホテルの料理長が腕を振るった料理の数々。

地元、天の橋立のラベルの付いた白ワイン。
とっても美味しかったです。
DSCF4085.jpg

先附けは子持ちホタルイカのてっぱい。
DSCF4088.jpg

和牛ローストビーフ
DSCF4090.jpg

酢の物、取肴、炊き合わせ等が松花堂弁当として彩り良く盛り付けられている。
DSCF4092.jpg

カニの甲羅に入った蟹蒸し寿司とかにみぞれ仕立てのお吸いもの。
DSCF4100.jpg

そして最後のデザートは「知恵の餅」
DSCF4132.jpg
美味しゅうございました(笑)

定員30名、土、日運行の「くろまつ」のチケットが中々手に入らなく、まだ先の事と思っていたら、
キャンセルがあり急遽早く乗れました。
橋立から西舞鶴迄通常45分の乗車の所、ランチコースは2時間20分かけてゆっくりと景色の良い奈具の海岸や、由良川の鉄橋の上で最徐行してくれたり、東雲で地元のお土産などが買えたり、とクルーの皆さんもとても感じ良く楽しい旅になりました。
車窓の眺めは雨の為余り良く無かったけど、素晴らしい列車の旅を楽しんできました。
この記事のURL | 旅行 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン |