主人と二人展開催
- 2014/12/27(Sat) -
来年年明け早々、「夫婦で撮るそれぞれの景色」と題して写真展を行う事になりました。
私達夫婦の趣味である写真を通じて今まで家族や友人に支えられて撮り続けてきた写真を二人で30点程
展示するつもりです。
初めて二人での写真展ですのでどんな写真展になるのか、少々心元ないですが、
下手は下手なりに頑張って見ようと思っています。

日 時 ;平成27年1月10日(土)~16日(金)
      午前9時~午後5時まで
場 所 ;宇治市生涯学習センター 1階ロビー

img103.jpg

img099 -2L

DSC_0080A3-240.jpg

DSC_7145.jpg

 上2枚は冬の上高地と題して主人の作品 
 下2枚は私の作品です。   

もし宇治市のお近くにお住まいの方がありましたら 足を運んで頂けたら嬉しいです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 生活 | CM(9) | TB(0) | ▲ top
朝露に光る
- 2014/12/13(Sat) -
インフルエンザにかかってからカメラを持って出かけてないので、以前に撮った蔵出しの写真です。

早朝の隣町の宇治田原町の河原で、目を凝らして探してみました。

朝陽に照らされて宝石の様に輝いていました。IMGP6135.jpg

IMGP6162.jpg

IMGP6165.jpg

IMGP6237.jpg

IMGP6222.jpg

IMGP6160.jpg

IMGP6204.jpg

この記事のURL | 未分類 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
山科、毘沙門堂 11月24日撮影
- 2014/12/06(Sat) -
日本中がインフルエンザの猛威にさらされていますが、皆さんは大丈夫でしょうか?
日本列島も寒気が押し寄せて、各地で雪の便りも聞こえています。
どうか暖かくして風邪引かないように気を付けて下さいね。

という私自身、インフルエンザにかかってしまい、ブログの更新も遅れていますが
山科、毘沙門堂の紅葉をUPします。

紅葉最高潮の朝の参道。
勅使門を見る参道は次から次へと人が・・・。やっと人がいなくなり写せた一枚。
DSC_8776.jpg

石段の両側にはライトアップ期間中の為に灯篭が置かれてる。
DSC_8750.jpg

DSC_8845.jpg

こちらが急な石段を上った所にある本堂への表門。
DSC_8809.jpg

紅葉の中、仁王さんもまっかっか~!
DSC_8835.jpg

DSC_8799.jpg

DSC_8842.jpg

DSC_8846.jpg

DSC_8847.jpg

最高のモミジ狩りが出来ました。
この記事のURL | 旅行 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
宇治、興聖寺の秋 11/23日 撮影
- 2014/12/01(Mon) -
興聖寺は曹洞宗のお寺で道元禅師を開祖とした禅寺で、宇治茶の発祥とも関わりのあるお寺です。
秋のモミジの頃は特に宇治12景にも選ばれて観光客が押し寄せます。
すぐ近くには世界遺産の宇治上神社や宇治川の対岸には10円玉で有名なこれも世界遺産の平等院があります。

朝霧橋のたもとにある源氏物語宇治十帖のモニュメント
DSC_8556.jpg

朝霧橋から宇治川を少し上流の方に行くと興聖寺があります。
DSC_8570.jpg

宇治川のほとり、興聖寺石門から山門まで200mばかりの参道は、「琴坂」の名にふさわしい緩やかな坂道となっている。両側にモミジの古木が繁り、紅葉の季節の美しさは格別。
11月にはまるでモミジのトンネルのようになるので、撮影スポットとしてもおすすめの場所。
DSC_8608.jpg

中国式山門
お寺内より琴坂を見る。山門の向こうには琴坂の真っ赤なモミジが・・・
DSC_8594.jpg
額縁の様でとっても綺麗。
DSC_8596.jpg

DSC_8603.jpg

DSC_8612.jpg

DSC_8583.jpg

地元宇治はゆっくり過ごせる最高の秋模様でした。
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |