京都御所の枝垂れ桜
- 2013/03/25(Mon) -
京都御所の枝垂れさくらを見にいってきました。
広大な御苑の中は、短時間では見て回れません。
そこで今日は近衛邸跡に咲く、繊細な枝垂れ桜(糸さくらとも言われている)を中心に撮ってみました。
暖かな春の日差しを受けて花房が滝のように流れ落ちてきます。
ソメイヨシノ、里さくらはもう少しすると見ごろを迎えるでしょう。
枝垂れ桜の他、紅白の桃の花、モクレン、トサミズキ、が満開で梅の花もまだ元気に咲いています。

ss-DSC_9496.jpg

ss-DSC_9440.jpg

ss-DSC_9456.jpg

ss-DSC_9501.jpg

ss-DSC_9485.jpg

ss-DSC_9553.jpg

ss-IMGP2348.jpg


今年の御所の一般公開は4月4日から4月8日までとなっています。
お近くに来られましたら是非足を運んでみて下さい。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
伏見、城南宮の枝垂れ梅 その2
- 2013/03/11(Mon) -
2月末に一度行ってきましたが、その時はまだ梅の花もちらほら咲きの状態でした。
そろそろ咲き出しているかな?と再度行ってきました。

春を通り越して初夏の様な陽気の土曜日、(3月9日)
伏見の城南宮の枝垂れ梅。

昨年より約2週間程遅れてやっと七分咲きの枝垂れ梅です。
でも 園内は馥郁とした香りに包まれています。

ちなみに、城南宮は明治維新を決定付ける戊辰戦争の発端となった鳥羽伏見の戦いの火ぶたが切られた場所でもある。

ss-DSC_9353.jpg

ss-DSC_9376.jpg

ss-DSC_9365.jpg

ss-DSC_9370.jpg

ss-DSC_9355.jpg

ss-DSC_9372.jpg

ss-DSC_9349.jpg

ss-DSC_9389.jpg
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
閑谷学校。
- 2013/03/08(Fri) -
岡山県の湯郷温泉に

翌日は以前から一度行ってみたかった「閑谷学校」を訪問。

閑谷学校は江戸時代に建てられた、旧岡山藩直営の庶民教育のための学校で、日本最古の学校として広く知られています。
国宝の講堂をはじめ、聖廟や閑谷神社などほとんどの建造物が国の重要文化財に指定されています。


閑谷学校校門(公門)の前の梅林は蕾も少し膨らんでいますが、あと1週間位先に満開を迎える事でしょう。
3月17日観梅の会が開かれる。
ss-DSCF0515.jpg

公門の正面には、孔子廟。
儒学の始祖孔子を祀っており、孔子廟または西御堂ともいう。
ss-DSCF0487.jpg

孔子廟の前には、2本の巨大な「櫂」の木があり秋の紅葉は素晴らしいとの事、
今は残念ながら巨大な幹から想像するのみ。

ss-DSCF0500.jpg

国宝の講堂と講堂内部。
ss-DSCF7113.jpg

閑谷学校は昭和39年卒業生が最後となった。

ss-DSCF0506.jpg

この時期、観光客もまばらで、鳥の鳴き声だけが聞こえる静かな学校跡。

現在世界遺産登録に向けて、署名運動が行われています。


ゆったりとした時間が流れた閑谷学校でした。



この記事のURL | 旅行 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |