高雄、西明寺の紅葉
- 2012/11/29(Thu) -
高雄神護寺の次は西明寺へ。
指月橋を渡ってあ~~又石段が見える。
神護寺の長い石段に相当疲れた足に、容赦なく本降りの雨が靴を叩く。
聞くと80段位の石段が続くだけとか。
それ位なら頑張って行こう」と石段を登り始めるが、雨が滝の様に石段を流れ落ちてくる。
ss-DSC_7769.jpg
鐘楼の周りはすでに池状態に水たまりが出来て
ss-DSC_7757.jpg

ss-DSC_7766.jpg

ss-DSC_7758.jpg

ss-DSC_7752.jpg

ss-DSC_7753.jpg

ss-DSC_7728.jpg

ss-DSC_7732.jpg

ss-DSC_7745.jpg
最後に高山寺の登り
♪きょうと~とがのお高山寺~恋に疲れた女がひとり~♪
なんて感傷に浸っている場合ではない。
ss-DSC_7666.jpg
雨はきついし、写真はうまく撮れないし・・・早くお宿の方へいこう!
ss-DSC_7680.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 旅行 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
雨の神護寺
- 2012/11/26(Mon) -
写真の京都オフ会があり、楽しい仲間が、新潟、福島、栃木、埼玉、名古屋、京都、と総勢17名、
紅に燃える京都高尾の三尾と呼ばれる「高雄」「槇尾」「栂尾」があり、京都でも指折りの紅葉の名所。
ここの紅葉を是非メンバーに見て欲しいと企画しました。

生憎夜明け頃から雨模様に。
しとしとと降る小雨はそれなりに風情があるが、結構な本降りの雨。

集合の後、それでもみんな張り切って、神護寺の長い階段を上って行く。
階段途中の紅葉は今が見ごろの様で、雨に濡れたモミジは色鮮やか。
(山門までの写真はカメラの設定ミスで全部ゴミ箱行き! UPできません。残念)

一歩山門を入ると鮮やかなモミジが出迎えてくれました。

ss-DSC_7530.jpg

ss-DSC_7534.jpg


ss-DSC_7604.jpg

ss-DSC_7597.jpg

ss-DSC_7559.jpg
ss-DSC_7606.jpg
雨だから撮れるワンショットです。(傘に落ちたモミジ、風情が会りますね~?)
ss-DSC_7588.jpg

ss-DSC_7609.jpg

ss-DSC_7544.jpg

ss-DSC_7573.jpg

ss-DSC_7582.jpg

雨でレンズも曇りっぱなし。
次は槇尾、西明寺と栂ノ尾、高山寺へ。
この記事のURL | 旅行 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
草むらの中(2)
- 2012/11/13(Tue) -
11月になるともう虫たちもいないかな~?と思いながら草むらを覗いてみました。

朝露に濡れた羽を乾かすシジミチョウを見つけました。

ss-DSC_7353.jpg

ss-DSC_7383.jpg

ss-DSC_7424.jpg

ss-DSC_7385.jpg

珍しくお茶の花のつぼみに蝶が止まっています。
ss-DSC_7408.jpg

ss-DSC_7415.jpg

トンボもみつけました。朝陽に輝いてキラキラ羽が輝いています。
ss-DSC_7363.jpg
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
秋景色!
- 2012/11/09(Fri) -
星峠から、妙高市に移動。
常宿の「ロッジ遊山」に仲間たちが集まり、日本の滝100選にも選ばれている「苗名滝」方面に。
山道を歩くこと約30分。

今年の紅葉は?少し色つきが悪いように感じた.
太陽の光が欲しい所だが、錦秋の山は見応え充分。
ss-DSC_7286.jpg

苗名滝上流の滝。滝の側の真っ赤な紅葉が一際目を引く。
風がきつく葉っぱがざわつき、白く光る。
ss-DSC_7263.jpg

妙高山からの伏流水か?至る所に滝がある。
ss-DSC_7284.jpg

苗名滝、今年は豪雨のあと、吊り橋は立ち入り禁止。
滝全体が見えるところが無い。吊り橋が入ってしまうが、それでも来た証拠にまず一枚
ss-DSC_7296.jpg
大田切渓谷にある不動滝。
ss-DSC_7308.jpg

苗名上流にある隧道の窓から景色を見る。
ss-DSC_7212.jpg

赤池のブナ林を散策。小さい秋を見つけて歩く。
ss-IMGP3739.jpg

ss-DSC_7205.jpg

キノコの整列
ss-IMGP3778.jpg

いもり池の映り込み
ss-DSC_7321.jpg

鴨が悠々と秋を感じ取って泳いでいるいるようだ
ss-DSC_7323.jpg


この記事のURL | 旅行 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
星峠の雲海。
- 2012/11/04(Sun) -
「星峠」は文字通り満点の星空。

何年かぶりに北斗七星を見つけて子供みたいに大喜び!

早朝3時半頃より位置取り。
暗闇の中にはもうすでに沢山の人の声。
バスも来て高台は三脚がずらり!

空が少しずつ明るくなる。
今日の日の出は午前6時。
雲海も棚田も少しずつ色がついてくる。「あ~~、きれい~~」
夢中でシャッターを押し続ける。
ss-DSC_7046.jpg

朝陽に雲海が赤く染まる。
ss-DSC_7100.jpg

ss-DSC_7106.jpg

墨絵のような美しい瞬間
ss-DSC_7148.jpg

ss-DSC_7147.jpg

ss-DSC_7090.jpg

ss-DSC_7163.jpg

ss-DSC_7157.jpg

妙高フオトコミッションに参加するため、集合時間があったので、残念ながら星峠をあとにする。
素晴らしい雲海に出会えて、これからの妙高撮影会が幸先の良いものと思える。
楽しみに次の場所に行ってきま~す。
この記事のURL | 旅行 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ