姫路城
- 2012/10/24(Wed) -
何年かぶりかにクラス会が開かれ、姫路に行ってきました。

皆さんもご存じのとおり、姫路城は日本で初めて「世界文化遺産」に認定された所です。

「白鷺城」とその名の通り、何処から眺めても素晴らしく美しいお城です。

山は富士、城は姫路城、と心に思い浮かぶのは私だけではないと思います。

今は大天守修理期間中の為、すっぽりと素屋根に覆われて、その美しい天守閣は外からは見ることが出来ないが、
平成26年には工事も完了し、春からは美しい姿が見られるそうです。

ss-DSC_6729.jpg

小天守だけでも美しい姿です。
ss-DSC_6741.jpg

お城入り口からすぐの「菱の門」 桃山時代の優雅で豪華な城門です。
ss-DSC_6735.jpg
扇の勾配といわれ上部に行くに従って傾斜が急になる「反り」になっている。
ss-DSC_6750.jpg

エレベーターに乗って目の前でみる大天守、最上層の大屋根の修理、
普段では絶対に見ることの出来ない建築現場です。
ss-DSC_6771.jpg

ss-DSC_6772.jpg

最上層から見わたす西ノ丸の櫓群。
ss-DSC_6769.jpg
窓越しに御幸通りからJR姫路駅方面
ss-DSC_6766.jpg

ss-DSC_6799.jpg

姫路城を借景にした庭園「好古園」には時間の都合でいけなかったが、
お城の平成の大修理が終わればその時は一緒に廻ってみたいと思う。


スポンサーサイト
この記事のURL | 旅行 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
野菜の造形!
- 2012/10/21(Sun) -
10月14日
お友達が是非一度見に来て・・・という事で福知山市夜久野町の額田の祭りにいってきました。

今年の出しものは「平清盛、平治の乱」

野菜と草を使って見事な合戦風景が描かれていました。

ss-DSC_6701.jpg
このような簡単な下絵一枚でどんな舞台が描かれるのか???

彼が自慢するだけの作品に仕上がっていました。

ss-DSC_6694.jpg

ss-DSC_6638.jpg

馬はススキを使って、鎧、兜は野菜を使って、
とても野菜で出来ているとは思えませんね~。

ss-DSC_6634.jpg

鎧の胴の部分を拡大してみました。

ss-DSC_6695.jpg

どんな野菜が使ってあるか探してみてください。

ss-DSC_6696.jpg

ss-DSC_6653.jpg

こちらは「ヤマタの大蛇」

ss-DSC_6648.jpg

その他こんな可愛い作品もありあした。

ss-DSC_6661.jpg

これだけの野菜を集めるのは大変なご苦労があった事が伺える。
野菜は生き物、少し時間がたつと萎れて新鮮味がなくなってしまう。

お見事!いい作品見せて頂きました。
この記事のURL | 生活 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
草むらの中、
- 2012/10/17(Wed) -
先にUPした朝焼けを見た同じ日、川原で虫たちを探してみました。

秋も深まって虫たちもどこに行ってしまったのか?
草むらの中を目を凝らして探してみるが、中々見つけられない。

それでも露に濡れた羽を乾かしているのか、数匹の虫を探すことができた。

ss-IMGP3595.jpg
朝陽を受けてキラキラ輝くチカラシバに止まっているシジミチョウを発見。

ss-DSC_6626.jpg

ss-IMGP3580.jpg
二匹一度に写せるなんて・・・でも後ろの葉っぱがきつすぎました(--;)

ss-DSC_6627.jpg
キリギリスなのかな?
昆虫の名前も、草の名前も全然わからない。間違っていたらごめんなさい・

ss-DSC_6598.jpg
ベニシジミ

ss-DSC_6590.jpg
これは今まで見た事のない昆虫。うす羽かげろうでもなさそうだが、トンボの一種かな?

ss-IMGP3599.jpg
これはおなじみ殿さまバッタよね。

IMGP6165.jpg
以前同じ場所で見つけたトンボ。
宝石みたいに輝いてきれい~。

このトンボをイメージして草むらを探したが、あとは見つけられなかった。

ss-DSC_6609.jpg
チカラシバの群生。
こうして見ると雑草も綺麗だな~?

ss-DSC_6606.jpg

ss-IMGP3603.jpg

草むらの中の発見。
何気なく見過ごしているが、覗いてみるととっても綺麗で楽しい。


この記事のURL | 未分類 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
朝焼け
- 2012/10/15(Mon) -
10月13日(土曜日)久しぶりに早朝の景色を見に車を走らせる。

午前6時前、宇治市街地からひとつ峠を越すと空にはピンク色の雲がたなびいている。
今朝は綺麗な朝焼けが見られそう。

ss-DSC_6540.jpg
グラデーションに染まった空は今日一日のお天気を確実に保障してくれそうだ。

ss-DSC_6566.jpg
真ん中少し上の部分黒っぽい所には川霧が立ち出している。
ss-DSC_6579.jpg
もう少し冷え込んでくると、もっと川霧は多く立ちこみ幻想的な風景がひろがるだろう。
ここにサギでもいてくれたら、もっと良かったのに・・・(笑い)
ss-DSC_6531.jpg

ss-DSC_6573.jpg

ss-DSC_6560.jpg
朝のウオーキングで顔なじみの人達が笑顔でごあいさつ。
気持ちのいい朝です。




この記事のURL | | CM(10) | TB(0) | ▲ top
弾丸、日帰り!富士五湖めぐり
- 2012/10/11(Thu) -
爽やかな一日でした。
日曜日、夕方から孫たちが来ていて「写真でなく生の富士山を見たい」との話から、じいちゃんが「じゃあ今から行こう」なんていつものパターンで云う。
孫達も「え~っ、今から?」と言いながら、あたふたと用意をして「24時間日帰り富士五湖めぐり」をしてきました。

ss-DSC_6323.jpg
第二名神から新東名と乗り継ぎ、早朝の富士山麓、朝霧高原へ。
いい雲も出てきて朝焼けの富士山が見られるかも・・・?と期待したが・・・
隣で三脚を立てていたカメラマンさんは、「3日目にしてやっと富士山が見られた~」と喜んでいました。

ss-DSC_6347.jpg
日の出だ!
でも何の変哲もない日の出(-_-;)
それでも孫たちは「ご来光や~」と大はしゃぎ!
今日は撮影は二の次!孫たちの喜ぶ顔が見られたらそれでいい。

ss-DSC_6331.jpg
見上げると青い空はすっかり秋の空。
今日一日、どこからでも富士山が見られそうな感じだったのが、時間がたつに従って、厚い雲に覆われて
富士山は雲の中に・・・・
それでも本栖湖、西湖、精進湖、山中湖、河口湖、途中忍野八海にも寄り、富士五湖めぐりを楽しんできました。富士山が隠れてしまったので湖の写真は無し(-_-;)

ss-DSC_6377.jpg
富士山の見えない忍野八海、やはり寂しい。

ss-DSC_6379.jpg

ss-DSC_6392.jpg

ss-DSC_6438.jpg
帰りに「白糸の滝」にも寄ってきましたが、先頃の大雨の影響で工事中。
土産物店の所で、立ち入り禁止!滝壺のあたりは上から見ることが出来る。
富士の伏流水が幾重にも流れ出ている素晴らしい滝の景観を見せてやることが出来ずに残念(-_-;)

ss-DSC_6448.jpg

手前にある「音止めの滝」も
フェンスがしてあり、近付くことが出来ないが、何とか写した一枚。水量が豊富でゴーゴーと音を立てて流れていて、「音止め?ではないね」と孫の弁。

ss-DSC_6451.jpg
音止めの滝の上流の流れ。

ss-DSC_6467.jpg
帰りにやっと雲に隠れていた富士山が頭だけ見せてくれ「さよなら」が出来た。


孫たちは生富士とご来光に大喜びが出来、私達も山梨のほうとう、静岡のおでん、富士宮の焼きそばとご当地グルメも堪能してきました。
この記事のURL | 旅行 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ