伊丹市 荒巻バラ園
- 2012/06/21(Thu) -
関西花の寺めぐりで池田の久安寺に行った帰りに、伊丹市の荒巻バラ園に寄ってきました。

世界のバラ、約200種1万本ものバラが咲き誇るバラ公園。
お洒落な園内には、バラグッズを販売するレストハウスや、広々とした芝生があり、
園内に入ると素敵なバラの香りが私を包んでくれます。

ss-DSC_3710.jpg

ss-DSC_3756.jpg

ss-DSC_3731.jpg

ss-DSC_3734.jpg

少し遅いかと思いながら言ったのですが、手入れの行き届いた園内には次から次にと
可憐なバラの花が咲き乱れています。

ss-DSC_3773.jpg

ss-DSC_3747.jpg

ss-DSC_3705.jpg

ss-DSC_3717.jpg

ss-DSC_3749.jpg

ss-DSC_3786.jpg

ss-DSC_3769.jpg

ss-DSC_3762.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | 旅行 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
巨大プリン(^0^)/
- 2012/06/18(Mon) -
6月は父の日、主人の誕生日、そして結婚記念日とあり、全部纏めて娘たちがお祝いをしてくれました。
総勢14人の賑やかなパーティーです。

ss-DSCF6384.jpg

長女がこんなに大きなバケツプリンを作って持ってきてくれました~。

14人で食べても食べきれないよ~(^0^)/
この記事のURL | 生活 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
新緑の赤目四十八滝!
- 2012/06/07(Thu) -
6月3日、名古屋からのお友達と三重県名張市の「赤目四十八滝」に行って来ました。
赤目の入り口で待ち合わせて総勢8名で滝めぐりの撮影会です。
滝の撮影には三脚は必需品だが、私は自慢でないがすべて手持ち。

カジカの鳴き声と共に新緑の滝めぐりの始まりです。
勇壮な大きな滝ばかりでなく、渓流にかかる小さな流れの滝もあり、大小合わせて四十八滝と言われているのな?

霊蛇滝・・・高さ6m、幅3m
     
DSC_3310.jpg
滝の美しさと碧く澄んだ滝壺もきれいです。
遊歩道からは滝の全景は見れないが、川の真中辺りまで石伝いに行ける。
ぐらぐらと不安定な石もあるので要注意。

DSC_3307.jpg

不動滝・・・赤目五瀑のひとつ 高さ15m、幅7m
DSC_3315.jpg

階段を登って霊蛇滝の上に行くと、不動滝がある。
人気の滝でカメラマンがずらりと三脚を立てている。
DSC_3318.jpg

乙女滝・・・渓流の中の優しい滝
DSC_3327.jpg

千手滝・・・赤目五瀑のひとつ 高さ15m 幅4m
DSC_3346.jpg
茶店の前の優雅な姿の滝。
水量が少なく写真で見るような感じではないが、たくさんの滝の中でも、一際目立つ美しい滝である。
DSC_3354.jpg

布曳滝・・・赤目五瀑の一つ  高さ30m
DSC_3374.jpg
白い布を垂らしたような美くしい滝である。


竜ケ壷・・・急な階段を昇り降りすると竜が壺が見えてくる。
      滝壺は深く、竜が住んでいたという伝説がある。
DSC_3399.jpg

陰陽の滝の上流あたり、渓流に緑が映り込みとてもきれいだ

DSC_3448.jpg

七色岩の手前に百畳茶屋で一休み。

赤目四十八滝名物?「たません」
DSC_3454.jpg

えびせんべいの上に卵焼きがのっかて、マヨネーズとケチャップで味付け。
お腹がすいてておいしかった~。


七色岩・・・あかぎ、梅もどき、松、桜、つつじ、樅の木が生えた七色岩。
      初めての私は岩が七色なのかと勘違い。
DSC_3456.jpg

DSC_3511.jpg

DSC_3506.jpg

さらにこの奥にはまだ赤目五瀑の内の「荷担滝」「琵琶滝」など絵になる様な滝があるが、
時間の関係で今回はここで引き返す事に。

爽やかな新緑、河鹿の鳴き声・・・マイナスイオンに包まれた赤目の撮影になりました。
三脚なしで撮っているのでピントも甘いのが残念。
秋にもう一度リベンジしたいな~。
 







この記事のURL | 旅行 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
天の橋立で従兄妹会。
- 2012/06/06(Wed) -
今年の従兄妹会は天の橋立へ。
いつものメンバーは誰も欠ける事なく、三々五々と集まってくる。
故郷の近い私にはお馴染みの所。

私は予定時間より早く到着したので、車で30分もあれば行ける実家に母の顔を見に。
97歳になる母は耳が少し遠くなっているが、まだまだ元気で物覚えも良く、痴呆の心配もなく安心。
1時間ほど母とお喋りをして、皆の待つホテルへ帰着。

ホテルのお部屋から見た「天の橋立」の松並木。
DSC_3108.jpg
翌日は早くに目が覚め、窓の外を見ると丁度朝日が昇って空がきれ~い。
DSC_3209.jpg
朝食までの間、ホテルからすぐの松並木の散策に。
DSC_3230.jpg
三人寄れば文殊の知恵、
願いはきっと叶えられるという「文殊堂」
DSC_3269.jpg
浜昼顔の群生。
DSC_3249.jpg
西国観音霊場、第28番札所、成相寺
DSCF6343.jpg
左甚五郎作「真向の竜」
DSCF6350.jpg
最近建てられたのか五重の塔がそびえていた。
DSCF6360.jpg
「天の橋立股のぞき」の笠松公園には行けなかったが、
五重の塔のすぐ上の丘から「横一文字」の松並木が見渡せる。
DSCF6366.jpg

そこから朝ドラ「ええにょぼ」で有名になった「伊根の舟屋」を遊覧船で観光。
DSC_3298.jpg
観光客の捲くカモメの餌は「かっぱえびせん」
カモメが手元迄かっぱえびせんを狙って飛びついてくる。
その餌を横取りしにトンビが狙う。
DSC_3279.jpg
昔はブリ漁で大層賑わった所。
DSCF6312.jpg
舟屋の里公園から伊根湾を見下ろす。
DSCF6323.jpg

DSCF6341.jpg


レモンを絞って天然岩ガキを食べる。
これは絶品!美味しかった~。

従兄妹たちも70歳代が大半。
「健康には注意してお互い元気でまた来年会いましょう」と約束して今回の従兄妹会は終了。
おつかれさまでした。











この記事のURL | 旅行 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン |