「なばなの里」ウインターイルミ
- 2011/03/15(Tue) -
「なばなの里」のウインターイルミ、毎年見たい行きたいなぁと 思いつつ、
いつも行きそびれていた念願の場所。
もう3月13日で今年のイルミは終了との話を聞き、
「今年は絶対見に行くぞー」とパンフレットを広げる。
そんな折、旅行のチラシで内容のとっても盛り沢山のツアーを見つけて、
やっと念願のウインターイルミを見に行って来ました。

日帰り大感謝祭と銘打った¥9990のツアー

今日は日帰りツアーだから京都駅11時出発.
チョット寄り道をして関が原ICで高速を降り伊吹山の麓で昼食

DSCF5307.jpg

お昼から贅沢に近江牛のすき焼き御膳
近江牛のせいろ蒸しに茶碗蒸し、伊吹蕎麦もついている。
ご飯がいらない位にお腹にずっしりと収まる。

IMGP7753.jpg
時間があったので、関が原の古戦場跡で合戦の様子がリアルな人形で再現展示してある資料館へ。
子供たち数人ががその中でチャンバラごっこをして遊んでいた。
何だか変な錯覚に陥りそうだった。
IMGP7765.jpg

長島スパーランドのジェットコースター。若者の悲鳴が当たりに響く。
怖くてもう乗れないな~

IMGP7776.jpg
ジャズドリーム長島でアウトレットのお買い物
いよいよ「なばなの里」

IMGP7791.jpg
光の流れ川を見る位置はチャペルの前の池にかかる橋からが一番良いと
教えてもらうが、既に橋上には沢山の人が・・・カメラマンが大半。
何とか見えるところを確保して点灯を待つ。

IMGP7799.jpg
暮色の中、見事な光が走る。
シャター音が響き、歓声があがる。

IMGP7801.jpg

IMGP7828.jpg
何処までも続く光のトンネル
IMGP7824.jpg
IMGP7847.jpg

IMGP7841.jpg
今年のテーマ、
「富士と海」580万球の光の中に富士山が浮かびあがる。
波の上をいるかが飛びはね、華やかな色彩の富士が衣装替えをして
浮かびあがる。綺麗だ~。


光の競演に堪能してバスに帰って来たら、待ち受けていたのは
たくさんのお土産

伊勢えび丸ごと    1匹
近江牛のステーキ   一人前 (100g)
特選赤卵       6個
よもぎ餅       1個

お持ち替えりのお土産がいっぱい
満足して帰途の順調に帰ってきていたのに バスは途中でいきなりストップ

この先トンネル内で事故との事。

高速道路では引き返すわけにも行かず、ず~と足止め状態。
2時間余りそのまんま。

その日の内に京都まで帰れるかどうか?みんな心配しだして来る
それぞれ家族に連絡を取り出し、ひとつのことがきっかけで車内では知らない者同士の
会話が弾む。すると長い渋滞も少しは退屈せずに待っていられる。
バスツアーの良い所かな?
2時間後、やっと動き出すと乗客のみんなが一斉に拍手

結局家に帰りついたのは、翌日になってしまった。

しかし「こんな旅行もあったな~」といつか想いで話しをすることだろう









スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |