宇治市植物園、6月のバラ
- 2010/06/17(Thu) -
宇治市植物公園では、6月20日まで「蛍ナイター」が開催されています。

IMGP3840.jpg

            植物園へのエントランス

IMGP3850.jpg

            今月のタペストリーはてんとう虫です。

暗くなるまでの間、涼しくなった公園の中をあちこちゆっくりと見て回り、
バラ園では特に時間を取って、バラの花を写してきました。薄暗くなってから蛍見物に!
木々の間から、ぽつ、ぽつ、と光が飛んで出てきます。子供たちが一斉に大きな声を上げると、見物客がドッと声の方に移動します。


IMGP3867.jpg

蛍より人間様の方が多く、蛍もビックリだと思うが、優雅にふんわりふわりとと光跡を残して飛ぶ蛍にひとときの安らぎと癒しをもらいました。

「小学生の頃は良く蛍狩りをしたな~」と懐かしさも甦ります。

ひと頃の環境汚染で、随分蛍も少なくなっていましたが、段々と環境も整備され蛍が戻ってきています。こんな自然を子や孫の世代にも 引き続き守ってやって欲しいです。

IMGP3866.jpg

残念ながらフラッシュは勿論、カメラ、携帯のカメラも撮影禁止で、蛍の乱舞は撮れませんでした。

IMGP3870.jpg

IMGP3872.jpg

IMGP3943.jpg

IMGP3941.jpg

IMGP3950.jpg

IMGP3958.jpg

  綺麗な夕焼け! 明日もきっといいお天気でしょうね~。

IMGP3960.jpg

6月20日までナイターをやっています。
お近くの方、まだ見てない方は夕食後のお散歩ついでに行かれて見ては如何でしょう?
夜9時まで入園可だそうです
           






スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(6) | TB(0) | ▲ top
天ヶ瀬ダムと三室戸寺のあじさい
- 2010/06/10(Thu) -
先日より、朝5時に起きて、ウオーキングを始めました。
車の通行も少ないバイパスの側道から、宇治川の東側の堤防を朝の清々しい空気を吸いながら、
時には鳥の声を聞きながら頑張ってウオーキング。
膝の術後のリハビリとダイエットに?・・・と歩き始めました。
何時もは家の近所を50分位掛けてウオーキング

でも今日は、先日からのダムの放流が行なわれているので、カメラを持って天ヶ瀬ダムの近くまで車で行き、今日は撮影が主になり歩きは少しだけ。

琵琶湖から流れ出る唯一の川の調整をしている天ヶ瀬ダムです。
一年に数回しかダムの放流はないと思いますが、ゴーゴーと爆音を立てながら堰堤を流れ落ちる水量の
多さに、下流の橋から眺めていると水飛沫が飛んで来て顔にかかる。

IMGP4005.jpg

IMGP4000.jpg

IMGP4007.jpg

IMGP4022.jpg

天ヶ瀬ダムでは今約260m3/sに放流量を増やしています。
340m3/sを超えると天ヶ瀬ダム下流宇治公園(塔の島)付近が立ち入り禁止になります。
そろそろ宇治川の鵜飼も始まってきます。
立ち入り禁止にならない様に願っています。

10時30分愛知県からお友達がきます。
待ち合わせ場所から三室戸寺の紫陽花を見に。

IMGP4045.jpg
青葉の中に朱色の門が良く映えています。

IMGP4038.jpg

IMGP4037.jpg
近所の保育園の子供達も遠足でしょうか?爽やかに「こんにちは~」と声を掛けてくれました。

IMGP4139.jpg

IMGP4098.jpg

IMGP4160.jpg
        一つの花房の色が三色になっています。

IMGP4036.jpg

IMGP4039.jpg

紫陽花はまだ5分咲きくらいですが、今度の土、日はライトアップも始まります。
これから当分の間、見頃が続くと思います。
時間がありましたら、三室戸寺に紫陽花を見に行ってください。




この記事のURL | 未分類 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
丹後、但馬の里でいとこ会
- 2010/06/05(Sat) -
爽やかな五月晴れの土曜日。今日は従兄弟会です。
今回の参加者は16名。

仕事もそこそこに切り上げて、待ち合わせの京都縦貫道 天の橋立インターへ
高速道路はまだ部分、部分しか繋がっていないけど、京都から日本海側の天の橋立まで調子よく走れて2時間。以前と比べて随分便利に早くなって来た。

時間通り皆集まり、橋立から今日の宿泊場所、小天橋へ出発進行
途中、久美浜の如意寺さん(花の寺として有名)に立ち寄るが、花も丁度花境期で見頃の花は無かったが、山野草があちこちに可愛い花をつけていた。
IMGP3010.jpg

今日の宿は小天橋ゆっくりくつろぎ、通常料理の他に、メイン料理に、蟹、鮑、ステーキなど好きな品が選べると言う。私はやっぱり蟹。う~~ん、美味しい
飲んで食べてお喋りして・・・楽しい時間はすぐ過ぎる。

翌日、城崎にでて、玄武洞に。
今まで城崎には10回以上訪れているが、玄武洞に来たのは初めて。
少し石段を登って行くと、急に開けてぱっくりと開いた洞窟と地表に現れている柱状節理の素晴らしい景観に目を見張る。

DSC_0011.jpg

DSC_0037.jpg

DSC_0041.jpg

大昔、火山の噴火に寄って流れ出したマグマが、冷却された時に出来たのが玄武岩で、五角形や
八角形の石柱になっている。丸とか四角の形は一つもない。
天の四方を守る4つの神から、玄武、青龍、白虎、朱雀と名付けら、国の天然記念物と指定されている。
この玄武洞から程近い所に、コウノトリの放鳥されている場所もあり、優雅に舞っている姿も
確認できる。
コウノトリとぶ
         こんな可愛いポストも
DSC_0047.jpg

お腹も空き、但馬の小京都といわれている城下町の出石のお蕎麦は絶品。
辰鼓楼の近くのお店で皿そばを頂く。
DSC_0078.jpg

DSC_0088.jpg

福知山のホテルで小休止、お茶をしながら、来年の幹事さんにバトンタッチ。
来年も元気でお会い出来ますように・・・・










この記事のURL | 旅行 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン |