FC2ブログ
平等院、「秋の夜間特別拝観」
- 2018/11/21(Wed) -
やっとブログが再開出来たと思ったのも束の間、夫が日頃から痛い痛いとは言っていたのですが、
ある日我慢できずにとうとうかかりつけの病院に診察してもらいに・・・・
ところが、胸椎圧迫骨折になっていると診断され、「良くこれまで我慢したね~!これは家に帰ったらあかん、即入院!!」
という事になり、私も当然のことながら毎日病院通いと孫の世話、家での日常生活全般。
孫はやっと1歳になったばかり。
手が掛かり過ぎてFBも更新出来ないまま月日が経ってしまいました。
訪問下さった皆様には本当に申し訳ありませんでしたが、やっと退院してきました。
2か月半の長い入院でしたが、元気にやっております。
これから又FBも皆さんの所に訪問させて頂きたいと思って居ますので、
宜しくお願いします。

先ず初めは先日から始まった近所の「国宝平等院」のライトアップの様子をUPしたいと思います。

平等院秋の夜間特別拝観
「瑞光照歓ー錦秋のあかり」
11月17日~12月2日 金土日開催。18時~20時30分(20時15分受付終了)

DSC_3893.jpg

昼間拝観されたら夜の拝観もそのチケットで拝観出来、昼と夜の違った雰囲気の平等院が楽しめますよ。
ライトアップされ阿字池に写り込む鳳凰堂と紅葉。

DSC_3897.jpg

阿字池に写り込んだ鳳凰堂の姿もこの世のものとは思えない程の美しさと荘厳さがありました。

DSC_3871.jpg

DSC_3900.jpg

DSC_3878.jpg

DSC_3886.jpg

DSC_3913.jpg

DSC_3932.jpg

DSC_3920.jpg
スポンサーサイト



この記事のURL | 神社、仏閣 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
松尾大社のヤマブキ
- 2018/04/24(Tue) -
嵐山にほど近い場所にある「松尾大社」

醸造の神様、特にお酒の神様として、又ヤマブキの花が咲き乱れているお寺さんとして有名です。
今迄嵐山に行き帰り松尾大社の前を通っていながら、まだ一度もお詣りした事が無かったのですが、
ブロ友さんのヤマブキの投稿を見て是非行って見たいと訪れました。

本当は4月22日、日曜日はこのお寺の「神幸祭」と言う神輿も6基勢ぞろいした勇壮なお祭りがあるとの情報を
頂いていたのですが、祭の前日21日(っ土曜日)に行って来ました。
神幸祭は来年の楽しみとしよう。

流石ヤマブキのお寺として人気のある所、境内の至る所に山吹の黄色い花が風にそよいでいます。


DSC_5599.jpg

DSC_5601.jpg

DSC_5594.jpg

DSC_5583.jpg

DSC_5610.jpg

DSC_5590.jpg


DSC_5603.jpg

DSC_5697.jpg

重森三玲作庭の「曲水の庭」
DSC_5643.jpg

DSC_5684.jpg

この記事のURL | 神社、仏閣 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
宇治田原、正寿院の猪ノ目窓
- 2017/10/03(Tue) -
宇治市から信楽焼きで有名な信楽に向かう途中の宇治田原の奥に噂の正寿院があり、
SNSでちょっと有名になった「ハートの形をした猪ノ目窓」があります。
交通の便も悪く、車かバスでしか行けない辺鄙なお寺ですが、若い人がとっても多く参拝されてます。

窓で有名なのは、京都の北にある「源光庵」だろう。
「源光庵」の丸窓は「悟りの窓」、四角い窓の「迷いの窓」と呼ばれる2つの窓。
悟りの窓は円形。迷いの窓は四角い形をしているが、正寿院の窓は♥型(猪ノ目窓)なのだ。
恋の成就を祈願に訪れる老若男女が何と多い事か。
カップルの多いのにまずビックリ。
それともう一つ、天井いっぱいに描かれた花の数々。
芸大の生徒さんが描かれたそうですが、見事な天井絵を見せて頂いた。

このお寺では丁度風鈴祭りも行われていて、山門をくぐると風鈴の涼しげな音が聞こえてくる。
境内にぶら下がっている風鈴は2000個もあるそうです。
この風鈴も自分で絵付けをして奉納したり持ち帰る事も出来るそうです。
暑い夏の日差しの中で風鈴の音、一服の清涼剤となりました。

DSC_1116.jpg

丁度光が差しこんでハート形が浮き出てきた。
DSC_1110.jpg

DSC_1133.jpg
天井絵
DSC_1114.jpg

天井絵も素晴らしい。
DSC_1106.jpg

水引き細工の作品の数々
DSC_1129.jpg

DSC_1075.jpg

DSC_1102.jpg

DSC_1084.jpg

DSC_1075.jpg

DSC_1078.jpg
この記事のURL | 神社、仏閣 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
紅葉の高源寺と圓通寺へ。
- 2016/11/22(Tue) -
安国寺のドウダンツツジを見た後、関西花の寺とモミジの名所で有名な「高源寺」と圓通寺に立ち寄ってきました。

先ず高源寺。

長く続く参道の石段や境内を「天目楓」数百本が埋めつくし、一度に紅葉するさまは実にみ見事です。
DSC_3830.jpg


葉がやや小ぶりで、葉の切れ込みが深く、枝全体が美しい弧を描いて垂れ下がっているのが天目楓の特徴だそう。

DSC_3936.jpg

DSC_3831.jpg

まだまだ長い石段の参道は続きます。
DSC_3848.jpg

真っ赤に燃えるようなモミジに「ハツ」とさせられます。
DSC_3895.jpg


DSC_3908.jpg

DSC_3898.jpg

DSC_3925.jpg

「圓通寺」  丹波の紅葉の名所。

暖かい日差しの中、丹波地方紅葉の名刹3ケ寺を廻ってきました。
「安国寺」「高源寺」今日のモミジ狩り最後のお寺「圓通寺」です。

DSC_3958.jpg

DSC_3961.jpg

紅葉は遠目から見ているととっても綺麗、しかしアップで撮ろうと思うと葉っぱが縮れたり虫食いがあったりとUPでは撮れません。
DSC_3983.jpg

水紋も面白いですね。
DSC_4013.jpg

DSC_4002.jpg

この記事のURL | 神社、仏閣 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
安国寺 ドウダンツツジ (11月12日撮影)
- 2016/11/19(Sat) -
兵庫県北部の豊岡市にある安国寺にドウダンツツジを見に行って来ました。

樹齢150年と言うドウダンツツジは本堂の襖を取り払って期間限定で解放されています。
期間中はライトアップも行われている。
11月8日~11月20日迄。

鎌倉時代後期に、夢窓疎石国師によって開山されたといわれるお寺。
本堂が再建された時、裏庭の斜面に植えられたといわれるドウダンツツジが有名で、緋毛氈を広げたように
真っ赤に色づく秋の紅葉は見事です。


DSC_3742.jpg


DSC_3768.jpg


DSC_3755.jpg

住職さんが、自らモデルさんに。
住職さんが入って頂いただけで雰囲気がガラリと変わりますね。
DSC_3773.jpg

DSC_3784.jpg

DSC_3797.jpg


DSC_3802.jpg



明日20日迄公開されています。
見事なドウダンツツジを見に行って下さい。
この記事のURL | 神社、仏閣 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ