木曽駒ヶ岳、千畳敷きカール、トレッキング 9月10日
- 2017/10/13(Fri) -
娘家族と木曽駒千畳敷きカールに行って来ました。
紅葉には少し早かったですが初秋の高原を楽しんできました。

菅の台バスセンターで車を駐車し、シャトルバスでまだ緑濃い林間をロープウエー乗り場迄約30分。
まだそんなに人も多くなく、並ぶことも無くロープウエーは7~8分で一気に2612mロープウエーで山頂駅に。

折角来たのに・・・山はガスに覆われて・・・
DSC_1754.jpg

まずカフエで中央アルプスの雪解け水を使って淹れるこだわりの2612プレミアムコーヒーとサンドイッチでお腹を満たし、
さあ出発!!
DSC_1749.jpg

程なくして山を覆っていたガスがさあ~っと引き、見事な稜線が目の前に。
DSC_1832.jpg

DSC_1824.jpg

山頂の宝剣岳や木曽駒ヶ岳をめざして、ハイカーが数珠つなぎで登る

娘婿は宝剣岳までの登山コース、私達はカールの散策と途中で別れる。
20年くらい前には私も頂上目指して登ったのですが、今ではとても登れません。
DSC_1830.jpg

DSC_1879.jpg

千畳敷きカールの遊歩道はとても歩きやすくしっかり整備されているので、私達年寄り、子供も安心。
お天気も良く、ゆっくり廻っても1周約1時間。
爽快なトレッキングが出来る。

DSC_1777.jpg

初秋の高原にはチングルマ、リンドウ、トリカブトナナカマドなど
DSC_1784.jpg

DSC_1792.jpg

チングルマ、リンドウ、トリカブト、ナナカマドなど紅葉前の高原で目を楽しませてくれる。
DSC_1821.jpg

下山のロープウエーから見えた断崖を流れ落ちる何段にもなる素晴らしい滝。
DSC_1918.jpg

DSC_1901.jpg

お昼ご飯に名物のソースかつ頂き、つぎは信州リンゴの産地、飯田市の松川にリンゴ狩りに向かいます。
スポンサーサイト
この記事のURL | 旅行 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
宇治田原、正寿院の猪ノ目窓
- 2017/10/03(Tue) -
宇治市から信楽焼きで有名な信楽に向かう途中の宇治田原の奥に噂の正寿院があり、
SNSでちょっと有名になった「ハートの形をした猪ノ目窓」があります。
交通の便も悪く、車かバスでしか行けない辺鄙なお寺ですが、若い人がとっても多く参拝されてます。

窓で有名なのは、京都の北にある「源光庵」だろう。
「源光庵」の丸窓は「悟りの窓」、四角い窓の「迷いの窓」と呼ばれる2つの窓。
悟りの窓は円形。迷いの窓は四角い形をしているが、正寿院の窓は♥型(猪ノ目窓)なのだ。
恋の成就を祈願に訪れる老若男女が何と多い事か。
カップルの多いのにまずビックリ。
それともう一つ、天井いっぱいに描かれた花の数々。
芸大の生徒さんが描かれたそうですが、見事な天井絵を見せて頂いた。

このお寺では丁度風鈴祭りも行われていて、山門をくぐると風鈴の涼しげな音が聞こえてくる。
境内にぶら下がっている風鈴は2000個もあるそうです。
この風鈴も自分で絵付けをして奉納したり持ち帰る事も出来るそうです。
暑い夏の日差しの中で風鈴の音、一服の清涼剤となりました。

DSC_1116.jpg

丁度光が差しこんでハート形が浮き出てきた。
DSC_1110.jpg

DSC_1133.jpg
天井絵
DSC_1114.jpg

天井絵も素晴らしい。
DSC_1106.jpg

水引き細工の作品の数々
DSC_1129.jpg

DSC_1075.jpg

DSC_1102.jpg

DSC_1084.jpg

DSC_1075.jpg

DSC_1078.jpg
この記事のURL | 神社、仏閣 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
美山、田歌のまつり ( 7月14日撮影)
- 2017/09/17(Sun) -
京都府の無形文化財「田歌の祇園祭り」
茅葺で有名な集落、[美山茅葺の里]から程なくの所に田歌の集落があり、7月14日八坂神社(祇園さん)のお祭りで神楽が奉納されています。
「ヤトーセー、ヤトーナ」の奴の掛け声に祭りの主役達、神主、天狗、鬼、奴、ヒョットコ、お多福、爺、が笛や太鼓と共に八坂神社迄行進するというお祭りです。
途中、村の要所4か所で「ヤトーセー、ヤトーナー」と奴のユーモラスな槍振りが披露される。
これまで360年余り、滔々とこの地で受け継がれている祭り。
京都府の無形文化財に指定され、観光客やカメラマンが数多く訪れています。

美山かやぶきの里
国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。
1年を通じ、日本の原風景に出会える場所として、観光客やカメラマンには全国的に人気があります。
DSC_0877.jpg

DSC_0522.jpg

女郎蜘蛛かな?。久しぶりに見たので余り好きでは無いですが、一枚パチリ!!
DSC_0520.jpg

田歌地区では、祭りの支度風景も撮らせて頂きました。
DSC_0552.jpg

祭衣装に着替えて、鉢巻締めれば出来上がり。
DSC_0566.jpg

さあ、支度も出来ましたよ。
DSC_0576.jpg

行列のスタンバイ。
DSC_0640.jpg

DSC_0670.jpg

DSC_0689.jpg

DSC_0654.jpg

太鼓と笛も続きます。
DSC_0726.jpg

八坂神社では、五穀豊穣を願って太鼓を打ち鳴らしながら舞を舞います。
DSC_0829.jpg

DSC_0769.jpg

天狗のお面の下はイケメンの可愛いお兄さん
DSC_0771.jpg


帰りに茅葺の里に寄って見ました。
お蕎麦の花が満開です。
もう直ぐ美味しい新蕎麦が食べられますね。



この記事のURL | 旅行 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
湯布院から黒川温泉
- 2017/08/25(Fri) -
湯布院も相変わらず観光客で賑わっています。
以前来た時と少し変わっている。当たり前かな?(もう何十年前になるのだろう?)
湯布院の見どころ、金鱗湖に続く小路も整備され、歩きやすくなって、小川には昔と変わらずクレソンの群生が見られる。
昔の記憶をたどりながら歩いて行くが、変わって見えるのはアジア系の観光客の多い事。
回りすべての人がそんな感じで、「ここは何処?日本よね」と言いながら金鱗湖の周りを観光して来ました。
金鱗湖は夏場、しかも昼間に行っても写真にならず、残念。

DSC_0030.jpg

DSC_0013.jpg

ゆるきゃらの「くまもん」ゆるきゃらグランプリで1位になったとか。 流石可愛いですね。
DSC_0002.jpg

DSC_0003.jpg

久住高原は夜中に雨が降ったため霧に包まれ景色も目まぐるしい程変わる。
今日は一日お天気は雨予報。普段の行いが悪かったのかな?
DSC_0067.jpg

久住花公園
DSC_0154.jpg

DSC_0140.jpg

DSC_0172.jpg

黒川温泉、
DSC_0178.jpg

DSC_0179.jpg

足湯もあるけど、顔湯もあるのが、黒川温泉。
美容にバツグンの効果ありと大勢の女性が顔を蒸気に充てていた。
DSC_0174.jpg

DSC_0186.jpg

DSC_0188.jpg

雨に濡れた草花の水滴を撮るのも又楽しい。
DSC_0201.jpg

DSC_0194.jpg

熊本大地震で阿蘇の山並みも土砂崩れで黒く変色している。
DSC_0227.jpg

道路もまだ元通りに復旧されて無く、無残な姿がむき出しになっていた。
DSC_0218.jpg

草千里では雨と風が強くて外にも出られない有様、
それでも馬は放牧されていて草を食む姿が見られた。
DSC_0221.jpg

DSC_0222.jpg

長い間かかってしまった九州旅行、何とか終わりになりました。
ご訪問下さった皆様、ありがとうございました。
この記事のURL | 旅行 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
下関、湯布院、黒川温泉、久住高原へ
- 2017/08/15(Tue) -
久々のツアー旅行に行って来ました。
新大阪駅集合の新幹線で小倉まであっと云う間の2時間10分。
お喋りしてると早いですね~。
先ずは小倉からバスに乗り換えて、明治初期に開港した歴史の港が、今レトロな街として人気を集めている門司港へ。
明治から大正にかけて作られた建物が、今でも残り、エキゾチックな雰囲気。
九州と本土を結ぶ交通の要所、関門海峡、関門大橋。

DSC_9974.jpg

DSC_9972.jpg

DSC_9970.jpg

今回は船に乗って関門大橋、をくぐり、武蔵と小次郎の戦いで有名な巌流島や関門海峡の潮の流れを感じて来ました。
巌流島には上陸できなく、船上からの眺めです。
巌流島の武蔵と小次郎の像は見落としてしまいそうな小さな像でした。

DSC_9925.jpg

DSC_9962.jpg

関門海峡は意外と狭いです。

DSC_9948.jpg

赤間神宮は壇ノ浦の戦いで幼くして亡くなった安徳天皇が祀られています。
DSC_9950.jpg

赤間神宮の横には、初代総理大臣 伊藤博文 がフグ料理を楽しんだ、オレンジ色の屋根の春帆楼が見える。
秀吉が出したフグ禁止令、伊藤博文のお蔭で現在私達も美味しいフグ料理が頂けるのですね。
DSC_9954.jpg

門司レトロエリアでは、お猿さんが暑さに負けず熱演しています。余りにも上手なのでパチリです。
DSC_9977.jpg

DSC_9980 - コピー

DSC_9995.jpg

阿蘇の外輪山を廻り、湯布院に向かいますが、今日はこれにて!!
この記事のURL | 旅行 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ