わが家に天使が。
- 2017/11/12(Sun) -
わが家に天使がやって来ました。
11月3日 6時39分、3120gの可愛い可愛い女の子です。
私にとって8人目の天使です。

初対面はナース室からお部屋に連れて来られた天使は、元気な大きな声で泣いていた。
小さな手足をバタバタさせて、全身で泣いているのではなく、私達に語りかけているようだ。
初めまして!! の挨拶? それとも歌っているのかな?
貴女を見つめる家族の幸せな瞬間、愛おしさに満ち溢れています。
これから沢山の出会いと笑顔の溢れる日々が待ってるよ♥
おしゃまなかんなお姉ちゃんが色々構って、お世話してくれると思うけど、喧嘩しながら大きく元気に育って欲しいものです。


3瑞稀


2瑞稀


瑞稀
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
きもの園遊会
- 2017/10/29(Sun) -
古式砲術演武をみた後1,000人もの綺麗な女子が集まるとの事、
どんな園遊会なのか想像もつかないまま会場方面に。
長浜市内は何とお正月と成人式が一緒に来たような晴れ着姿の女性でいっぱい。

黒壁スクエアーやオルゴール館の周りは特に華やかな振袖姿のお嬢さん方が目に飛び込んでくる。
スナップ写真は余り撮った事が無いので、とりあえず記念写真という事で大目に見て下さいね。
今回本当に綺麗なお嬢様方で良い目の保養をさせて頂きました。


DSC_2930.jpg


DSC_2932.jpg

DSC_2982.jpg

DSC_2987.jpg

DSC_3040.jpg

DSC_3065.jpg

DSC_3069.jpg

DSC_2985.jpg

DSC_3038.jpg

DSC_3012.jpg

DSC_3014 1

DSC_3029.jpg

DSC_2965.jpg

DSC_3062.jpg

DSC_2939.jpg
この記事のURL | 旅行 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
長浜城で古流砲筒演武 (10月14日)
- 2017/10/22(Sun) -
滋賀県長浜市。
その城下町で、1000人のきもの園遊会が開かれると聞き、長浜にやって来ました。
きもの園遊会が始まる前に長浜城に立ち寄ると、丁度鉄砲隊の演武が始まる所でした。

DSC_2747.jpg

先陣を切って披露されたのが、鉄砲伝来の地、種子島からの鉄砲隊、
DSC_2748.jpg

火縄に火をつけて
DSC_2755.jpg

構えて!!  打て~~!! と号令が飛び順番に一人一発づつ撃ったり、一斉射撃が行われました。
すぐ近くで放たれる火縄銃の音にビックリしながら、
DSC_2758.jpg

二番手は堺の鉄砲衆。
DSC_2856.jpg

DSC_2832.jpg

次は井伊の鉄砲隊。「井伊の赤揃い」で颯爽と登場
DSC_2865.jpg

DSC_2875.jpg

筒先から火が出て、迫力ある写真になりました。
DSC_2876.jpg

DSC_2888.jpg

まだほかに国友衆の演武もあったが、メインのきもの園遊会の方へ行く時間で、見ずにお城を後にしました。
古式に乗っ取った鉄砲隊の演武、初めて身近でみる事が出来感動でした。
この記事のURL | 旅行 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
木曽駒ヶ岳、千畳敷きカール、トレッキング 9月10日
- 2017/10/13(Fri) -
娘家族と木曽駒千畳敷きカールに行って来ました。
紅葉には少し早かったですが初秋の高原を楽しんできました。

菅の台バスセンターで車を駐車し、シャトルバスでまだ緑濃い林間をロープウエー乗り場迄約30分。
まだそんなに人も多くなく、並ぶことも無くロープウエーは7~8分で一気に2612mロープウエーで山頂駅に。

折角来たのに・・・山はガスに覆われて・・・
DSC_1754.jpg

まずカフエで中央アルプスの雪解け水を使って淹れるこだわりの2612プレミアムコーヒーとサンドイッチでお腹を満たし、
さあ出発!!
DSC_1749.jpg

程なくして山を覆っていたガスがさあ~っと引き、見事な稜線が目の前に。
DSC_1832.jpg

DSC_1824.jpg

山頂の宝剣岳や木曽駒ヶ岳をめざして、ハイカーが数珠つなぎで登る

娘婿は宝剣岳までの登山コース、私達はカールの散策と途中で別れる。
20年くらい前には私も頂上目指して登ったのですが、今ではとても登れません。
DSC_1830.jpg

DSC_1879.jpg

千畳敷きカールの遊歩道はとても歩きやすくしっかり整備されているので、私達年寄り、子供も安心。
お天気も良く、ゆっくり廻っても1周約1時間。
爽快なトレッキングが出来る。

DSC_1777.jpg

初秋の高原にはチングルマ、リンドウ、トリカブトナナカマドなど
DSC_1784.jpg

DSC_1792.jpg

チングルマ、リンドウ、トリカブト、ナナカマドなど紅葉前の高原で目を楽しませてくれる。
DSC_1821.jpg

下山のロープウエーから見えた断崖を流れ落ちる何段にもなる素晴らしい滝。
DSC_1918.jpg

DSC_1901.jpg

お昼ご飯に名物のソースかつ頂き、つぎは信州リンゴの産地、飯田市の松川にリンゴ狩りに向かいます。
この記事のURL | 旅行 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
宇治田原、正寿院の猪ノ目窓
- 2017/10/03(Tue) -
宇治市から信楽焼きで有名な信楽に向かう途中の宇治田原の奥に噂の正寿院があり、
SNSでちょっと有名になった「ハートの形をした猪ノ目窓」があります。
交通の便も悪く、車かバスでしか行けない辺鄙なお寺ですが、若い人がとっても多く参拝されてます。

窓で有名なのは、京都の北にある「源光庵」だろう。
「源光庵」の丸窓は「悟りの窓」、四角い窓の「迷いの窓」と呼ばれる2つの窓。
悟りの窓は円形。迷いの窓は四角い形をしているが、正寿院の窓は♥型(猪ノ目窓)なのだ。
恋の成就を祈願に訪れる老若男女が何と多い事か。
カップルの多いのにまずビックリ。
それともう一つ、天井いっぱいに描かれた花の数々。
芸大の生徒さんが描かれたそうですが、見事な天井絵を見せて頂いた。

このお寺では丁度風鈴祭りも行われていて、山門をくぐると風鈴の涼しげな音が聞こえてくる。
境内にぶら下がっている風鈴は2000個もあるそうです。
この風鈴も自分で絵付けをして奉納したり持ち帰る事も出来るそうです。
暑い夏の日差しの中で風鈴の音、一服の清涼剤となりました。

DSC_1116.jpg

丁度光が差しこんでハート形が浮き出てきた。
DSC_1110.jpg

DSC_1133.jpg
天井絵
DSC_1114.jpg

天井絵も素晴らしい。
DSC_1106.jpg

水引き細工の作品の数々
DSC_1129.jpg

DSC_1075.jpg

DSC_1102.jpg

DSC_1084.jpg

DSC_1075.jpg

DSC_1078.jpg
この記事のURL | 神社、仏閣 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ